フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« すっきり! | トップページ | これでママに!! »

受精卵

”卵の質が良くない!”

と、ドクターに指摘され、ショックだったという患者さん。

自分自身が否定されたようで、落ち込んでしまったようです。

着床はしてけれども、胎芽が見えず

稽留流産になってしまいました。

着床するだけのエネルギーはあったので、

決して質は悪くなかったはずです。

ただ、遺伝的なトラブルで、

成長しきれなかったのでしょう。

卵というと、どうしてもイコール卵子のイメージがありますが

受精卵の半分の遺伝子は、精子ものもです。

なので、遺伝的には卵と精子の半分ずつの影響を受けるはず。

最近になって、男性不妊が増えているというデーターもありますので

やはり、不妊というのは、明確に原因がない限り、

女性と男性の双方に原因であると

考えた方が良いでしょう。

治療の主体が、女性になってしまうのは仕方がないので、

どうしてもドクターの説明も女性主体になりがちですが

そのことによって、多くの女性が傷ついているのも事実。

それでなくても、様々なプレッシャーにさらされていることを

考慮して、説明する表現には気を付けてほしいものです。

 

« すっきり! | トップページ | これでママに!! »

不妊な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« すっきり! | トップページ | これでママに!! »