フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« バランス | トップページ | タイミング »

PTSD

精神的な悩みを抱えていた友達が

ある日突然、今までにない不合理な言動や

行動を始め、その豹変振りにショックを受けてしまった

という患者さんは、以来

それがトラウマになり、不眠と耳の過敏症に

悩まされているようになってしまいました。

心療内科で処方された薬を服用すると

どうにか寝ることはできますが、

過敏症状が改善せず、

ちょっとした物音でも起きてしまいます。

起きると、その時の光景が浮かんできて

再び寝ることができなくなります。

昨年の大震災の時も、

津波によって家を流され、身内の死などの

辛い経験をすると、それが強いストレスになり

PTSD(心的外傷ストレス)を発症することがあります。

PTSDは、その辛い出来事の再体験、

いわゆるフラッシュバックや苦痛を伴う悪夢が特徴で、

睡眠障害や集中困難、過度の警戒心、過剰な驚愕反応

などが起きます。

少しも物音にも不安を感じ

仕事にも集中できず

辛い日々を過ごしていたようです。

東洋医学では、ストレスは、肝を傷つけます。

また、恐怖体験は、腎を傷つけます。

この肝腎が傷つくと、

頭部の感覚器にも障害が出てきます。

耳や目の症状、睡眠障害や意識障害、

過敏症状など様々です。

鍼灸は、感覚器に対して、適度な刺激を加えますので

このようなPTSDに対しては、効果的です。

少しずつ落ち着きを取り戻している患者さんは、

薬を減らしつつ、今までの生活に戻れる日も近いでしょう。

« バランス | トップページ | タイミング »

鍼灸な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バランス | トップページ | タイミング »