フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 心のケア | トップページ | 改修工事 4 »

百害あって・・・

不妊治療には様々な薬が使用されています。

おそらく一番使用されているのが、

排卵誘発剤ではないでしょうか。

クロミッドやセロフェンといった製品が有名ですが、

今では卵胞の発育を促進する薬として

不妊治療では欠かせない薬となってますが、

当初は避妊薬として開発されたものであることを

意外と知られていません。

子宮内膜の非薄化や粘液減少作用というのが

しばしば副作用として取り上げられますが、

この薬の作用である抗エストロゲン作用によるもので

避けられない副作用なのです。

エストロゲンが少なくなれば、卵胞を刺激するためのFSHという

ホルモンが増えてきます。

FSHが増えれば当然卵巣が刺激されて卵胞が育つわけですが

卵胞が育って排卵しても、頸管粘液が少なくなってしまっては

肝心の精子が元気よく子宮の中を泳ぐことができません。

運良く精子が卵子と出会って受精しても

着床する子宮内膜が薄くなっていては

ちゃんと着床することができません。

なので、基本的に自力で卵胞が育ち

排卵ができる人は、これらの誘発剤類は

服用する必要はないのです。

当たり前のように処方される誘発剤を前に

服用すべきなのかと迷う患者さんも多くいることでしょう。

体外受精をしている人で、採卵と移植が別の周期であれば

問題はないでしょうけれども

人工授精とかタイミング法の場合は

排卵障害がない限り、百害あって一利なでしょう。

« 心のケア | トップページ | 改修工事 4 »

不妊な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 心のケア | トップページ | 改修工事 4 »