フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 夏は妊娠の季節? | トップページ | 不安いっぱい・・・ »

サラサラになりすぎる??

不育症の患者さんは、高温期にアスピリンを服用し

妊娠がはっきりと分かった段階で、

ヘパリンの注射を始めるとのこと。

漢方では、柴苓湯が不育症の改善に有効ということが

分かっていますので、高温期に柴苓湯を服用し

妊娠が分かってから、当帰芍薬散を服用するなどの

方法があります。

鍼灸では、不育症の多くの場合、血栓が問題になりますので

お血改善の治方で治療をしていきます。

いずれの方法も、血液循環を良くし

免疫機能が暴走しないようにしていきます。

患者さんも不育体質を改善する目的で

鍼灸を始めて、2周期目で無事妊娠。

胎嚢も確認でき、しっかりと成長するように

流産防止のための鍼治療を続けようとしたところ

ドクターストップがかかりました。

理由は、”血液がサラサラになりすぎる。”

とのこと。

???と思いましたが、ドクターの指示ですから、

どうすることもできません。

ヘパリンは血栓の予防のために打ちます。

当然、鍼灸も血液循環を改善するためにします。

同時に行うと相乗効果で、サラサラになりすぎてしまう・・・

とドクターは思ったのでしょうか・・・・

出血傾向が高まり、逆に流れてしまうと思ったのでしょうかね。

鍼灸は、あくまで正常な状態に体を導いていくのです。

体が出血傾向が高まれば、出血しないように

凝固傾向が強まれば、血栓を作らないように

していきます。

なので、基本的に妊娠している体に対して

強い瀉法を用いて、お血を改善することはまずしないので

薬を併用しても、体を一方的に出血傾向へ傾けることはありません。

鍼灸治療をもう少し理解してほしいものですね。

« 夏は妊娠の季節? | トップページ | 不安いっぱい・・・ »

不妊な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏は妊娠の季節? | トップページ | 不安いっぱい・・・ »