フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 最少記録!! | トップページ | タイミング »

想定外??

ホルモン周期の移植を控えていた患者さんは

想定外の事態に落ち込んでしまいました。

ホルモン周期の場合は、

いわゆる低温期に当たる時期には、

内膜を厚くするための薬を服用し、

丁度排卵期に当たる時期から

着床を促すための薬を服用していき、

人工的に生理周期を作っていきます。

なので、決められた量の薬を

正確に服用しなければ、

正確な周期が保てず

移植に適した状態を作ることができません。

しっかり、決められた量を、決められた期間

服用したはずなのに、

想定していた状態になっておらず、

想定外の移植中止になってしまいました。

その時は自分の体がそこまで反応が鈍くなってしまったのかと

ひどく落ち込んでしまったようですが、

帰宅して調べたところ、

薬の飲み忘れがあったことが分かったようです。

ホルモン周期は、確実に薬によって周期を作るので

予定通りに移植することができるようですが

数種類の薬が処方される場合があり、

うっかりすると服用をし忘れたり

服用する薬を間違えたりということが起きます。

そうなると、想定外の状態になり

移植中止という羽目になる場合もあるようです。

原因が分かった患者さんは、ほっとしたようで、

次周期は、必ずリベンジする!!と

気合十分の様子。

« 最少記録!! | トップページ | タイミング »

不妊な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最少記録!! | トップページ | タイミング »