フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 付いていけない | トップページ | AMH »

産みの苦しみ

41歳にして、待望の我が子を出産した患者さんから

出産報告メールが届きました。

辛い不妊治療の末に授かった大切な命。

9か月まで、体調のトラブルもなく順調に

マタニティーライフを過ごしていたのですが、

3月の大震災に遭遇し、

そのストレスによって、体調が悪化。

このままでは、母体も子供の危ないと判断したドクターが

帝王切開を選択。

無事、母子ともに救われました。

今回の大震災は、多くの人の命を奪いました。

そして、それは直接被災した人だけでなく、

多くの人に、辛い体験を強いています。

危うく、折角宿った命を失いかけた患者さんは、

まさに産みの苦しみを体験しました。

これだけ、医学が進歩した現代においても

出産によって、母親がなくなるケースもまだあります。

自分の命を賭して、新しい命を育む女性の強さに

ただただ、尊敬の念を抱かずにはいられません。

この経験は、患者さんに多くの幸を与えることでしょう。

« 付いていけない | トップページ | AMH »

不妊な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 付いていけない | トップページ | AMH »