フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

予知!?

原因不明の蕁麻疹になったという患者さんは、

生まれて初めてのことで、びっくりして皮膚科に行き

薬を処方してもらいましたが、一向に治らず、

困惑していました。

そして、2日が過ぎ、今回起きた東日本大震災が起きました。

その直後、ふと自分の皮膚を見てみると、

今まで薬でも治らなかった蕁麻疹が

嘘のように消えてなくなったとのこと。

もしかしたら、地震の前触れの現象???

と、自分の体の不思議な現象にさらに困惑。

もし、それが本当なら、次回、蕁麻疹ができたら

怖い・・・・と、そうでないことを願っているようです。

確かに、地震が起きる前には、岩盤が歪むことによって

電磁波が発生します。

敏感な動物たちは、

それを察知して異常行動を起こすのですが、

当然、人間にもそのような感性があるはずですから

体に異変が起きてもおかしくはありません。

気づかないうちに、そのような異変が

体に起きていた可能性もあるでしょう。

普段の自分の体の感覚を磨いておけば

危険を事前に知ることができるかもしれません。

今後の見通し

明日30日(水)に予定されていました

第2グループの計画停電は中止となりました。

計画停電のため、18時以降の診療は見合わせていましたが、

停電中止に伴いまして、20時までの予約を受付いたします。

暖かくなってきたために、電気需要が減ってきていることと

節電が徹底されてきていることもあり

おそらく夏までは停電がないと思われます。

ですので、基本的に通常の診療時間の受付をさせていただきいます。

引導??

”年齢的に薬なしの方が良い結果出るとのデータもある”

とドクターに言われ、

今まで薬を使ってもようやく採卵できていた状態なのに

薬なしでちゃんと卵が育つか不安な患者さんは、

”引導を渡されたのかも。。。”

と、不安な様子。

鍼をして、体調が良くなり、

卵胞の質も良くなってきました。

あと、一歩というところで着床してくれません。

いたずらに薬を使って、卵巣を疲れさせるよりも

薬を使わないで、卵胞を育てた方が

結果的に良い卵が育つこともあります。

子宮環境も薬を使わない方が

影響も少ないので、

良い状態を保つことができます。

最近の不妊治療の流れで

あまり多くの薬を使わずに

自然周期で採卵をして、移植をすることが

多くなってきました。

薬を使うことに慣れてしまうと

使わないことに不安を感じる人もいるようですが

自力で卵胞を育てることができれば

必要以上に使うことはないでしょう。

薬の影響がなくなり

体が自然なリズムを取り戻せば

着床する力も出てくることでしょう。

転院

なかなか結果の出ない患者さんは、

同じ治療の繰り返しで

結果が出ないのに

今回もまた同じ方法で治療をするドクターに、

不信感を感じてきました。

一般的には、3回移植をして

結果が出なければ転院した方が良い

と言われています。

クリニックによって、治療方針や薬の使い方

培養液や培養の技術などが異なりますので

自分の体に合う合わないが

どうしてもできてしまいます。

転院して、良い結果が出たという人は

かなりいますので、

無駄に時間や費用を費やすよりも

積極的に転院を考えた方が

良いかもしれません。

高い?

低温期の体温が36.4度になったという患者さん。

”ちょっと高いですかね?”

と不安そうに話します。

鍼灸をすると、代謝が高まりますので

体温が高くなる場合があります。

代謝が高まるということは

体の様々な機能が高まるということでもありますので

基本的には良いことなのです。

いつもと違う体の反応に

不安になってしまいがちですが、

低温期が、高温期並みに高くならない限り

全く問題はありません。

機能がUPしていると思って

前向きにとらえましょう。

23日の計画停電中止

23日(水)に予定されていました第2グループの計画停電は中止となりました。

計画停電のため、午前の診療は見合わせていましたが、

停電中止に伴いまして、午前の予約を受付いたします。

メールまたはお電話でご予約ください。

思い切りやってください!!

先週末の地震によって、直接被害のなかった都心では

停電による交通マヒが続いています。

家に帰れなかったという患者さんは、

かなりのストレスで、

月経が遅れてしまいました。

久々の鍼灸治療で、このストレスを解消できればと

”思い切りやってください!!”

と、一言!

体中はバリバリに凝り固まっています。

丹念に捻転と提挿を繰り返し、

こりをほぐしていきます。

終わった後、ふ~っと大きく息を吐いて

久々にリラックスした様子。

一日でも早く、落ち着いた生活に戻れることを

願っています。

19日の計画停電は中止

3月19日(土)の計画停電は中止となりましたので、

午前10時から午後8時受付まで、通常通りの診療となります。

皆様には、ご不便をおかけしておりますが、

もうしばらくご辛抱いただくよう、

ご理解とご協力をお願いいたします。

計画停電のスケジュール3

第2グループの計画停電のスケジュールは下記の通りです。

3月23日(水)    9:20~13:00

3月24日(木)     6:20~10:00

この時間帯の予約は、なるべく避けてください。

25日以降の停電スケジュールが分かり次第、お知らせいたします。

大変でした!

”電車のダイヤが乱れて大変でした!”

と、今周期採卵を予定している患者さんは、

どうにか、毎日クリニックに行ったようです。

突然の地震で大きく乱れた交通網。

途中で止めるわけにはいかないので、

あらゆる手段を使って、通っていたようです。

不妊治療でクリニックに通院している多くの患者さんも

同じように、大きな希望を胸に抱きながら

通っていることでしょう。

その強い気持ちが、必ず良い結果を導くことは

間違いありません。

計画停電のスケジュール2

第2グループの計画停電のスケジュールは下記の通りです。

3月19日(土)     6:20~10:00

3月22日(火)     12:20~16:00

この時間帯の予約は、なるべく避けてください。

23日以降の停電スケジュールが分かり次第、お知らせいたします。

計画停電スケジュール(第2グループ)

第2グループの計画停電のスケジュールは下記の通りです。

3月15日(火)     18:20~22:00

3月16日(水)     15:20~19:00

3月17日(木)     12:20~16:00

3月18日(金)     9:20~13:00

この時間帯の予約は、なるべく避けてください。

先の”計画停電の対応について3”で

17:10が予約最終とお知らせしましたが、

日によって停電時間が異なるようですので、

停電のスケジュールが分かり次第、

お知らせいたします。

19日(土)以降の予定は今のところ未定です。  

計画停電の対応について3

昨日から実施された東京電力管内においての計画停電につきまして、

本日、当院所在地域の八王子市(第2グループ)は、

午後6時20分~午後10時までの間の3時間停電になります。

午前中から夕方にかけての停電はありませんので、

午前10時から午後18時までは、通常通り診療することができます。

午後18時以降につきましては、停電の可能性がありますので、

予約をされる方は、ご都合を変更されるなどの対応をお願いいたします。

計画停電中につきましては、節電のため、待合室のエアコンを停止しています。

また、院内の照明も減灯させていただきますので、

ご協力、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

計画停電の対応について2

東京電力管内において、本日より4月末位までの間、

計画停電が実施されることになりました。

本日の経過を見ている限り、

午前中から夕方にかけての停電は実施されない模様です。

当院所在地域の八王子市は、第2グループに属していますので、

午前9時20分~午後1時までの間と

午後6時20分~午後10時までの間の3時間停電になります。

明日以降の実施内容については、まだ未定ですが、

おそらく時間帯については、変更はないかと思われます。

前回お伝えしたように、この時間帯の当院の対応につきましては、

基本的に、電気設備を使用しての治療はしておりませんので

治療自身は問題なく行うことができますが、

院内の電気設備が一切使えない状態となり

院内の照明設備、エアコン、赤外線治療器等の医療機器が

使用不可能となります。

特に夕方から夜間にかけての診療につきましては、

照明設備が使えない状況下では、診療が行えませんので、

停電が確実になった場合は、17時までの受付とさせていただきます。

午前中の診療につきましては、おそらく問題なく行えると思いますので

できる限り、午前中、ないし17時までに予約されるようお願いします。

今後、東京電力の対応が変わってくると思いますので、

その都度、当院の対応につきまして、お知らせしていきますので

当院のHP、掲示板、ブログをご確認ください。

皆様には、ご不便をおかけすることになりますが、

ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

計画停電の対応について

東京電力管内において、3月14日より4月末位までの間、

計画停電が実施されることになりました。

当院所在地域の八王子市は、第2グループに属していますので、

午前9時20分~午後1時までの間、3時間停電になります。

この時間帯の当院の対応につきましては、

基本的に、電気設備を使用しての治療はしておりませんので

治療自身は問題なく行うことができますが、

院内の電気設備が一切使えない状態となり

院内の照明設備、エアコン、赤外線治療器等の医療機器が

使用不可能となります。

原則的に通常通り、10時より診療する予定でいますが、

電気設備が使用できない関係で、

来院される患者様にご不便をおかけすることになりますので

できる限り、午後1時以降に予約をされるようお願いいたします。

都合上、どうしても午前中に診療を受けたいと希望される方は

午前8時から受付しておりますので、遠慮なくご連絡願います。

今後の東京電力の発表により、

対応が変わってくることも考えられますので

その際は、当院のHP、掲示板、ブログを通じて

ご連絡させていただきますので、ご確認ください。

体調がよくなりました!

”体調が良くなりました!”

と、妊娠が分かってから、つわりで辛くなるどころか

却って体調が良くなったことを嬉しそうに話す患者さん。

ホルモンのバランスが良くなったからなのでしょうか。

同じように、妊娠をすると体調が良くなるという人は

意外と多いのですね。

通常の月経周期のように、

定期的にホルモン環境が変わることはありませんし、

その度に体調が変化することもありません。

代謝も高まって、体も温かいので、

体の機能も良くなっています。

通常は、つわりなどの症状が出て

妊娠初期は特に、悪心や倦怠感、食欲不振などで

辛い日々を送り、ひどくなると入院する場合も。

それまでの長い不妊治療生活で

精神的にも肉体的にも辛い時間を過ごしてきたので

快適に妊娠期間を過ごせるのは、

そのご褒美かもしれません。

出産の日が楽しみです。

本日の診療について

本日は、通常通り診療しておりますが、

昨日の地震の影響で、

交通機関がまだ完全に復旧していないところもありますので

無理をせず、ご来院ください。

熱いのが好き

”熱いのが好きなんです!”

と、43度のお風呂に入るという患者さんは、

ぬるいお風呂だと体が冷えてしまうです。  

私は、熱がりなので、43度のお風呂は

まず入ることができませんが、

これくらいの温度のお風呂に入っている人は

意外と多いのです。

たまに熱いお風呂に入ることは、

免疫機能をUPさせますので

とても良いことなのですが、

日常的に熱いお風呂に長時間入りすぎると

とくに男性の場合は、造精機能に影響が出てきます。

風邪などで高温が長期間続くと不妊症の原因になると

言われていますが、それも造精機能に影響があるからなのです。

なので、せめて冬場は41度くらいの温度で我慢して

少し長めに入っていれば、十分に体は温まります。

冷えすぎも良くありませんが、

温めすぎも体には良くないのです。

何事もほどほどが一番良いのですね。

初めてのこと!

”薬なしで過ごせました!”

と、月経痛で毎周期薬を服用していた患者さんは

初めて鍼をした周期に

月経痛が軽くなっていることに気づきました。 

毎周期月経痛があると、

精神的にも憂鬱になってしまいます。

その状態が悪化していくと、日常生活にも影響が出てきます。

月経痛が楽になることで

どれだけ女性のQOLを改善するかは

言わずもがなですが、

一般的には鎮痛剤を服用して

凌いでいるという方がほとんどでしょう。

子宮筋腫や子宮内膜症などの器質的な症状がある場合は

その症状を改善しなければなりませんが、

とくに器質的な症状がないのに

月経痛が辛い場合は、

子宮の収縮が強かったり

冷えや血行不順、

ストレスや心因的なもので

起こりますので、鎮痛剤よりも

鍼灸などで体をリラックスさせたり

温めたりすることが一番効果があります。

そのことを実感した患者さんは、

その次の大きな目標である妊娠を目指します。

顔がすっきり!

鍼治療をして、お腹の調子が良くなり始めたころ、

知り合いから顔がすっきりしたといわれた患者さん。

自分でも気づかなかった変化が、

言われてみて初めて、

実感するようになりました。

今まで少しむくんでいたようで、

気血の流れがよくなり、

顔のむくみが取れたのでしょう。 

気血の流れが悪くなると

水の流れも悪くなり、

顔や足などがむくむようになります。

それを放っておくと

冷えや頭痛、めまい、肩こり、

内臓の不調の原因になります。

流れを良くすることは、

健康の第一歩。

むくみを感じるようになったら

黄色信号ですので、

軽い運動や体を温めて

むくみを解消しましょう。

自宅でのお灸も効果的です。

程よい距離

北野駅から当院まで徒歩で来る患者さん。

体作りのために、ウォーキングがてら

歩いてくるようです。

”程よい距離ですよね。”

と、少し息を弾ませながら話します。

北野駅から当院までは、ゆるい上り坂です。

距離的には1400m程。

普通に歩いてくると17,8分かかる距離です。

冬の時期でも、ちょうと当院に到着するころは

体がポカポカと温かくなってきます。

ウォーキングは、1日30分程度が良いとされています。

北野駅から当院を往復すると、丁度その時間になりますので、

ウォーキングには最適な距離。

私ももちろん、駅までは徒歩で行きます。

運動不足気味の私にとっては、貴重な運動です。

普段あまり運動をしていないという人は

一度、徒歩でいらしてみてはいかがでしょう。

一休

”焦らないで、 一休みですね!”

と体外受精でなかなか良い結果の出ない患者さんは

自分に言い聞かせるように、そう話します。

早く妊娠したい・・・と誰もがそう思います。

それ故に、焦りが出て、自分を追い込んでいきます。

気づいたときは、身も心も疲れ切ってしまい、

結果のでない治療に絶望してしまいます。

その患者さんも、分かってはいるけれども

先へ先へと自分を追い立てて

かなりのストレスを受けていました。

そんなある日、ふと我に返った患者さんは、

勇気を振り絞って、治療をいったん休むことを決意。

2周期ほどでしょうか、クリニックにはいかず

鍼灸治療と自宅のお灸、そして漢方で

体調が整えていきました。

そうした、気持ち的にもゆとりが出てきたとき

体外受精を再開。

そして、今までの治療結果が嘘のように

あっさりと陽性反応が出ました。

本人もあっさりと良い結果が出てしまったことに

逆に不安になってしまったようです。

無事に成長してくれるかと・・・

でも、その不安も取り越し苦労となることでしょう。

 

          

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »