フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« あっけなく・・・ | トップページ | メリハリ »

梅の種

喉の詰まり感を訴える人は、意外と多く

飲み込んでも、飲み込めない、

常に喉の奥に、へばりついている

その正体は、梅の種・・・

東洋医学では、”梅核気”といいます。

喉に詰まっているものが、丁度梅の種くらいの大きさで

実態はないけれども、実感として感じられるものを”気”といいますから

そう名付けられたようです。

別名“ヒステリー球"ともいいます。

ストレスで、精神的に不安定になったときに、気が滞り

滞った気が、上昇しようとするときに、喉に詰まるのです。

うつ病と診断された患者さんは、

その”梅核気”に悩まされ、鍼を始めました。

数回の治療後に、それがなくなってきていることに気づいたようです。

それに伴って、表情も明るくなり、

内臓の動きもよくなり、すっかり元気になりました。

ストレス社会の中で、どれだけ多くの人が

梅核気で悩んでいるのでしょうか・・・・

たかが梅の種ですが、されど梅の種・・・・

« あっけなく・・・ | トップページ | メリハリ »

鍼灸な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あっけなく・・・ | トップページ | メリハリ »