フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 原坊の朝顔2010 | トップページ | 緊張! »

拒否??

西洋医学は、東洋医学、とりわけ鍼灸治療よりも

治療法に対する標準化が進んでいます。

なので、どの病院に行っても、ほぼ同じような治療を受けることが出来ます。

ただ、同じような質の治療かどうかは別ですが、

少なくとも鍼灸治療よりも、質は均一でしょう。

先日、不妊治療をしている患者さんから衝撃的なことを聞きました。

その患者さんが通院している婦人科クリニックでは

検査もせずに、体温表を見ただけで、正常と判断し

漫然とクロミッドを、しかも最初から一日2錠も処方しているとのこと。

確かに、体温表を見れば、綺麗な二相になっていますし

自力で排卵はできています。

余程、排卵障害があったり、自力で卵胞を育てることが出来なかったり

なんかのトラブルがある場合に、よくクロミッドなどは処方されますが

正常な周期の人に、いきなり誘発剤を処方するのは

あまりにも乱暴すぎはしないかと、素人ながらそう思ってしまいます。

患者さんも、半年近くその治療を続けて、全く効果が出ないので

ほかに原因があるのではと、検査してほしいと

ドクターに相談したところ、

”正常なのでその必要はない”

と拒否されてしまったようです。

正常ならば、なぜクロミッドを2錠も漫然と処方するのでしょう???

クロミッドは、抗エストロゲン作用があるので、

長期に服用すると、その作用により

頸管粘液の減少、子宮内膜の薄化となり

却って、妊娠率を下げてしまいます。

本当に患者の立場に立った医療をしているのか

疑問に思います。

« 原坊の朝顔2010 | トップページ | 緊張! »

医療な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 原坊の朝顔2010 | トップページ | 緊張! »