フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

上がりました!

平熱が、35度以下という女性が、

様々な不定愁訴を訴えて、来院。

3回ほど治療をしたときに、

体温が35度後半から36度台になり

ほっとしている様子。

低体温は、免疫力が低下してしまうので

風邪を引きやすくなります。

毎年冬になると、ちょっと外出したりすると

直ぐに熱が出て、1ヶ月くらいは寝込んでしまうとのこと。

日常生活に支障をきたしてしまうほど

体力が低下してしまっています。

家族に促されて、半信半疑で始めた鍼灸ですが、

意外と早く、体が変化をしたので、

続けてみようという気持ちになったようです。

鍼灸で、体に本来備わっている

ホメオスタシスにスイッチが入り

直に体は、正常な状態に戻っていくことでしょう。

さえずり

”CDから流れていると思いっていました!”

と、鳥のさえずりがあまりにも近くに聞こえるので

そう思ったようです。

この時期、野鳥が住宅街にやってきて

様々なさえずりを奏でます。

先週は、ウグイスがやってきて、

綺麗な鳴き声を聞かせてくれました。

長沼公園が近いので、

おそらくそこからやってきたのでしょう。

エンヤのBGMに、野鳥の声が相まって

癒しの空間を演出してくれます。

自然に・・・

”病院にいくの止めようと思ってます。。。”

と、不妊治療中の患者さんは、そう話します。

丸1ヶ月、薬漬け状態になっていることに、不安を感じています。

早く妊娠をしたい。だけど、薬の副作用は怖い。

自力で生理が来るかどうか分からないけれども

出来るだけ自然な形で体を整えて

その日が来るのを待ちたいと思っているようです。

ダイエット!?

”体重が2キロも減りました!”

と、初めての鍼を受けた患者が、嬉しそうに話します。

もともと浮腫み体質で、プラス冷え性。

なかなか妊娠しないので、鍼を始めたところ、

思わぬ効果にびっくり。

鍼をしたことで、血液の循環が良くなったのでしょう。

一回の鍼治療で2キロも減るのは、私自身もびっくりですが

それだけ余分な水分が体にあったということ。

それを、東洋医学では水毒といいますが、

妊娠には最大の敵です。

水毒がなくなり、気血が充実してくれば

必ず、赤ちゃんはやってくるでしょう。

信じる力

”自分を信じてかんばります!”

と、移植の前日にいらした患者さんは、そう力強く決意を語りました。

決してベストな状態ではないけれども、

漢方も始め、鍼灸も始めて

体は良い状態になっていると

自覚的にも感じています。

前回とは違う子宮環境に

迷いはありません。

西洋医学的には、前回とはそれほど変わった所ないようですが

でも、自分を信じる力は全く違います。

確実に変わっている自分の体を信じて

移植を決断しました。

きっと、その気持ちに赤ちゃんは応えてくれることでしょう。

即効性

一般的に漢方は、長期間服用しないと

効かないというイメージがありますが、

そうではない漢方もたくさんあります。

卵胞の育ちが悪いからと

当帰芍薬散を処方された患者さんは

服用して、しばらくしたら一気に卵胞が

大きく成長したとか。

”漢方って、即効性があるんですね!”

と、びっくり。

鍼もそうですが、体にぴたっと合うと

体が敏感に反応して

一気に体が変化するのですね。

木の家

最近、戸建てに引っ越した患者さんは、

それまでのめまいが嘘のようになくなったとか。

結婚して以来、マンション暮らしで

コンクリートの壁に囲まれて過ごしてきました。

とても”気”に敏感な患者さんは

以来、めまいに悩まされてきました。

鍼をし始めて、直後は改善するけれども

時間が経つと、また、めまいが襲ってきます。

そのめまいが、木の家に住み始めて

ぴたっと治まったようです。

”冬は寒いけど、木の家って相性がいいかも!”

と、満足げ。

日本の気候風土には、

やはり、木の家が合っているのかもしれません。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »