フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

草食系

”私肉食が多いんです。”

と、不妊治療に来ている患者さん。

特に原因が見当たらないのに

なかなか妊娠しないので

体調を整えるために鍼灸を始めました。

肉食中心の食生活は、体に熱を溜め込みますので

血熱となり、肌が荒れやすい 、イライラ、のぼせ

肌荒れやにきび、便秘等の症状を引き起こします。

もちろん、妊娠のためには、良い体内環境とはいえません。

野菜中心の食生活に変えていくという患者さんは

妊娠への第一歩を踏み出しました。

肉食系女子から草食系女子に変身することが

妊娠への近道になることでしょう。

イマジネーション

不妊で悩んでいる方は、周囲の何気ない一言に

とてもナーバスになってます。

未だに、子供がいないことに対する世間の低い評価によって

苦しめられている女性は多く、

そのために、精神的に追い詰められ

体調を崩し、余計に妊娠しづらい体になってしまっています。

”とてもストレスでした!!”

と、患者さんは、開口一番そう話しました。

久しぶりに義親兄弟と会って、楽しく過ごせるはずだったのに

子供の話しばかで、居たたまれなかったようです。

夫は、そのことを気づかって、そういう話なしないでくれと

頼んでくれたのに、半ば無視されてしまったようです。

必要以上に気にする方が悪いのか

人の気持ちを理解しない方が悪いのか・・・

それは、明らかに後者が悪いのです。

とかく、その立場にならないと、

その立場の人の気持ちは分かりません。

ただ、人間にはイマジネーションがあります。

イマジネーションを豊かにすることで

その立場の人の気持ちが痛いほど良く分かります。

少しでも多くの不妊で悩んでいる人が

精神的な苦痛を感じないように

周囲の人は、イマジネーションを

フル活動させて、優しく見守ってあげてください。

勇気

”体外受精は勇気がいりますよね!”

と、二人目を目指している患者さんは、そう話します。

一人目も病院に通いながら、タイミング療法を

数ヶ月続けてようやく授かりました。

もともと月経不順だったので、二人目も病院で

タイミング指導を受けるもなかなか妊娠しません。

鍼灸をし始めて、体調は良くなったものの

育児の疲れが、それを帳消しにしてしまいます。

一層のこと、体外受精にステップアップしようかとも

考えているようですが、一回ウン十万の出費に

勇気が出ません。

西洋医学でも、受精をさせることは出来ても

着床させることは出来ないのが現状。

確実に着床させることが出来れば、

そのウン十万の費用も、決して高くはないでしょう。

そうすれば、ちょっとの勇気で済むかもしれません。

おめでとう!!

先月21日に女の子を出産した患者さんから

出産報告メールがきました。

陣痛が長引いて、出産が大変だったようですが

産後の体調は良いようで、母乳も出過ぎる程とのこと。

妊娠中もお灸を欠かさなかったのでしょう。

一年生のお母さんとして、

毎日育児に奮闘しているようですが、

二人目も見据えて、

また、お灸を再開するようです。

これから、赤ちゃんもいろいろな症状が出てくると思いますが

チリゲの灸で、全て治ってしまいます。

赤ちゃんの体は不思議です。

お腹は大事

出産以来、お腹を壊すことが多くなったと訴える患者さんは、

お腹の調子悪いときは、気分の滅入るとの事。

お腹の弱い人は、脾虚といって、

消化器を司る脾臓が上手く機能して状態。

ここが弱ってくると、常に下痢っぽかったり

疲れやすかったり、何をするにも億劫になったり

物事に集中できなかったりと

とにかく心身ともに重だるくなります。

脾虚が、気虚を引き起こし、血虚に発展して

女性の場合は、月経不順になってしまいます。

”腸は大事ですね!”

と、改めて、腸の大切さを認識したようです。

桜咲く

2月に入り、いよいよ受験シーズン本番です。

私が受験生だった頃は、まだ携帯もインターネットもない時代。

有線の電話か電報が、主な通信手段でした。

大学の門の前には、合格発表の結果を知らせる電報屋が

たくさんいました。

合格すると”桜咲く”、不合格だと”桜散る”

という内容の電報が届くのです。

今ではおそらくそのような電報屋はいないでしょう。

体外受精の治療をしている患者さんにとって、

判定日は、まさに合格発表の日。

2年近く体作りをして、体外受精に臨んだ患者さんは、

1回目の移植で、無事桜が咲きました。

嬉しさと、本当にお腹にいるのだろうかという不安とで

複雑な心境とのことですが、

それまでの長い準備期間が報われて

ほっとしているところでしょう。

雪かき

20100202

今朝起きたら、一面銀世界!

しばし、その光景にうっとり・・・・

子供のころは、間違いなく、うきうきして、

友達と雪合戦を始めるところですが、

ふと、現実に帰り、

今日は、診療日、治療院の周囲を

雪かきせねば!!

普段、ほとんどといって良いほど

肉体労働をしない私にとっては

とても重労働。

手始めに、治療院の玄関から雪かき。

階段にも、手すりにも、10センチ近く積もってます。

駐車場にも大量の雪が・・・・・

治療院周辺の道は、夜はほとんど車が通りませんので

道一面にも大量の雪・・・・・

手は、雪でキンキンに冷たくなっているのに

30分も雪かきをしていると、体中から汗がでてきます。

とりえあえす、患者さんの通るであろう道は全て

雪かき完了!

久々の朝の運動に、ぐったりしつつ

今度は治療院の準備をしないといけません・・・・・

忙しい、朝でした。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »