フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

今年一年

今年の漢字に”新”が選ばれましたが、

確かに、新しいことが多かったように思います。

私自身も、秋から新たに漢方療法を取り入れ

一部の患者さんで、その効果が出始めています。

妊娠をして、新しい生命をお腹に宿した人、

出産をして、新しい家族に恵まれた人、

不妊治療を、新たに始めた人、

新たな治療法にチャレンジした人、

皆さんが、幸せな人生を送ることが出来るように

来年もまた、気合で治療をしていきたいと思います。

今年一年、鍼灸の力を信じて

通院していただき、ありがとうございました!

合格!

”そんなこんなで、ひとまず合格をいただきました。”

と、陽性反応がでた患者さんの喜びのメールが届きました。

体外受精を始めて、空胞続きで、

本当に妊娠できるのかと不安な日々を過ごしていました。

2回目の移植で、無事妊娠できた患者さんは

体温が今ひとつ上がらない状態で、

今回もダメかと諦めていた矢先

ドクターから、おめでとう!!

と言われ、涙が溢れてきたそうです。

まだ、不安な日々を過ごしていると思います。

きっと、その不安が真の喜びに変わることでしょう。

サンタからのクリスマスプレゼントかもしれません。

ヤケ酒??

”赤ちゃんに申し訳ないことしちゃいました!”

と、患者さん。

空胞が続いて、ようやく採卵でき、

気合で臨んだ初めての移植。

判定前に自己判定をしたところ

陰性だったので、もうダメだと諦め

我慢していたお酒を、判定までの数日間、飲んでしまったとか。

判定日、まさかの陽性反応に

喜び半分、お酒を飲んでしまったことを悔いたとのこと。

通常の妊娠でも、妊娠していることが分からずに

お酒を飲むことはあるので、

ほんの数日だけだったようですので

まず問題はないでしょう。

”判定日からきっぱり止めました!”

と、これから胎嚢確認を控えて

気持ち新たに、妊婦生活モードに切り替えたようです。

好み

鍼をして直ぐに妊娠した患者さんが

大きいお腹をしてやってきました。

安産のお灸です。

まだ6ヶ月にはいったばかりなのに

もう胎動が感じられるとか。

男の子かもしれません。

クラシックを聴かせると、元気に動き回るようで、

しかも、好みがあるようです。

モーツァルトが、人間の心を一番リラックスさせると

以前、あるテレビで実験していましたが、

赤ちゃんもモーツァルトが好きなのでしょうか。

患者さん自身も楽器を演奏するとか。

血がそうさせるのかもしれませんね。

再開

二年ぶりにIVFを再開した患者さんは

再開するタイミングをずっと探っていました。

毎周期、基礎体温表とにらめっこ。

低温期が乱れている、高温への立ち上がりが良くない

高温が短い・・・・

仕事も忙しいので、なかなか安定しない体温に

やや不安を感じてきたようで、

このまま安定しないのでは・・・・

鍼と漢方を続けて、どうにか安定してきた体温に

安心したのか、

”IVFを再開しました!”

と、久しぶりの病院通いに戸惑いながらも

気持ち的に吹っ切れた様子。

あとは、果報な寝て待てですね。

奇跡!

左右の卵管が閉塞し、卵管形成術を受けようかと準備をしていた周期に

奇跡的に自然妊娠!

”初めての妊娠で毎日ドキドキしながら過ごしています。”

と、まさか妊娠すると思っていなかったので

心の準備が出来ぬ間に妊娠をして

嬉しさ半分、戸惑い半分の

複雑な心境を綴ったメールが送られてきました。

まだ、鍼をして数回の奇跡に

”ほんの数回ですが、鍼灸に通ったことで

体も妊娠しやすくなったのだと思います。”

と、鍼灸の刺激を、敏感に受け止めた結果が

今回の奇跡を生んだのだと確信している様子。

私自身も、このメールを読んだとき

一瞬目を疑いました。

以前にも同じようなケースの患者さんに

出会ったことがあるので

そのようなことが起こりえるのだということを

今回のことで確信しました。

その後も順調なようすの患者さんは

少しずつ母親として成長していくことでしょう。

理不尽

2回目の移植で、無事心拍まで確認できて、

今度こそ大丈夫かも!と喜びもつかの間、

その1週間後、心拍が停止しているとドクターから告げられる。

なぜ???

その疑問に答えを出すべく、検査をした結果、

両方に原因があることが分かった。

胎児の問題は、自然淘汰なので仕方がないと

諦めはつくけど、自分にも原因があったことがわかって

じゃ、最初のときも私が原因だったのかも。。。。

分かっていたら、予防する手段はいくらでもあるのだから

上手くいっていたかも・・・・

日本の医療制度では、3度流産しないと、不育の検査はしません。

でも、その要因を持っている人は、最初から流産すべく流産してしまう。

最初からそれを分かっていれば、予防することはできるはずで

そうすれば、余計な悲しみを味あわずに済むのに

3回も流産しないと検査をしないのは、

とても理不尽過ぎます。

でも、その患者さんは、何で妊娠しないのか、

何で妊娠してもダメになってしまうのか

理由がはっきりして、すっきりしたとのこと。

今度は、その原因をしっかりカバーして

確実に妊娠することを目指すと、

気持ちを新たに、治療に取り組んでいくようです。

産みの苦しみ

”おかげさまで無事女の子を出産することができました。”

と、10月に出産をした患者さんからメールが来ました。

37時間の超難産だったようで、妊娠中も切迫流産になりかかったりと

激闘の10ヶ月だったようです。

でも、無事元気な赤ちゃんが生まれ、

産みの苦しみが辛かった分、わが子に対する愛情も

深くなっていくでしょう。

今年のクリスマスは、新しい家族のために

サンタさんがやってくるかもしれません。

お父さん、お母さんは大忙しになることでしょう。

百会

”百会って気持ちいですね!”

と、百会に鍼を打たれた患者さんの感想。

自宅で旦那さんに百会を指圧してあげたところ、

旦那さんも気持ちいいとのこと。

百会は、体の全ての経絡が集まるポイント。

ここを刺激するだけで、全ての経絡を調整することが出来ます。

頭部や顔面の症状のみならず、実は痔の特効穴でもあるのです。

鼻詰まりは、あっという間にスウスウになります。

頭痛やイライラもすっとなくなります。目の疲れもOK。

自律神経失調症の方は是非刺激しましょう。

頭の中心に響くように指圧すると、効果的。

毎日の健康のために、リラクゼーションのために

一押ししてみてくださいね。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »