フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 原坊の朝顔栽培記5 | トップページ | 秋の一日 »

流産をすると、次の妊娠に対して不安になります。

妊娠をしても、手放しでは喜べません。

少なくとも、流産をした週数を超えないと

一安心は出来ないのです。

”無事心拍が確認できました。”

と、電話の向こうでほっとしている患者さんの声が

いつになく弾んでいます。

前回、移植をして陽性反応が出たにもかかわらず

心拍を確認できず、流産。

それから半年以上経て臨んだ移植で、再び陽性。

胎嚢が確認できても、不安は募ります。

時折襲ってくる下腹部の痛みに

何度、だめかもしれないと思ったことか。

今日の検診で、心拍が確認でき、大きさも順調とのことで

とりあえず、山は超えたようです。

1週間後、最後の検診を終えて

無事、卒業となります。

きっと、元気な赤ちゃんが、来春、誕生することでしょう。

« 原坊の朝顔栽培記5 | トップページ | 秋の一日 »

鍼灸な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 原坊の朝顔栽培記5 | トップページ | 秋の一日 »