フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

本当は怖い家庭医学

”ツボの位置を教えてください!”

と、昨日の夜テレビ番組で紹介されていたツボの位置が

良く分からなかった患者さんは、治療が終わった後に

相談してきました。

私もその番組をたまたま見ていましたので

あれですね!と、直ぐにピンと来ました。

ちょっと分かりづらいのが、”築賓””胞肓”。

実際に目の前で、自分の体で押されるのが一番分かります。

教科書的には、築賓は、太谿(内踝とアキレス腱の間のくぼみ)の上5寸。

胞肓は、正中仙骨稜第2仙椎棘突起から下外方3寸。

余計に分からなくなります。

いずれも泌尿器に関係のある経絡に属してます。

たかが泌尿器と侮るなかれ。

体の健康は、水の流れを整えることはとても大切。

いま一つ位置が不明確なツボがありましたら

いつでも相談してください。

諦めようか・・・

”もう諦めようかと思っています・・・”

と、なかなか結果の出ない患者さんは、そうつぶやきます。

2回目の流産以降、誘発剤を使い続けて、

月経の状態も思わしくありません。

年齢的にも、リミットが近いので

もう無理かもと思っています。

でも、薬を使わなくても、月経はちゃんと来ます。

妊娠したのも、薬を使っていないとき。

クリニックに通いだして、薬を使い始めました。

どんどん妊娠しづらい体になっていくようで、

患者さんは、不安になっています。

精神的にもかなり疲れている様子。

結果が出ない周期が続けば、なおさらです。

しばらく、クリニックはお休みして、

体を整えてはとアドバイス。

他の患者さんも、クリニックに行かないことが

こんなに精神的に楽なことかと

しみじみ話していました。

プレッシャーから解放されると

それだけでも、気の流れが良くなっていきます。

まだ、諦めず、その日が来るまで、

ゆったりした気持ちで、体を整えていきましょう。

4度目の正直

”妊娠しました・・・”

と、本来ならば嬉しい出来事なはずなのですが

一人目の出産後、3回続けて流産している患者さんは

喜びつつも、やや不安げに、そう話しました。

不育症の詳しい検査はしていませんが、

ドクターいわく、血栓ができやすいのだろうということで

バファリンを服用し始めました。

最初に来たころは、お腹がペコペコで力のない状態でしたが

鍼をしていると、段々と力がついて張りが出てきました。

そんな矢先の妊娠ですので、

今回は、大丈夫でしょう。

4度目の正直で、

きっと元気な赤ちゃんが生まれてくること思います。

配慮

”踏んだり蹴ったりです!!”

と、病院の対応に不信感を募らせた患者さん。

転院して、初めてのIVF周期。

あまりの配慮のない対応に、憤りを隠せません。

不妊治療は、繊細な問題が多く含んでいるだけに

医療者の最大限の配慮が必要です。

多くのスタッフを抱える病院では、医者だけでなく

看護師や検査技師、カウンセラーや事務スタッフなど

様々な人が関わっています。

いくら医者が細心の注意を払っていても

その他のスタッフのちょっとした不注意で

全体のイメージが悪くなってしまうだけでなく

患者さんに深い心の傷を与えてしまうことになります。

もちろん、スタッフが優秀で、

医者が配慮に欠ける場合もあります。

特に、不妊治療は保険が利かない部分がほとんどで

高額な費用が必要です。

心の傷、肉体的にな負担だけでなく、経済的なダメージが

大きいの、

高級ホテル並みとは言いませんが、

せめて、患者さんに不快感を与えない程度の

配慮をしてもらいたいものです。

LHチェッカー

”いつも使っていた検査薬が買えなくなったんです!”

と、改正薬事法の施行によって、今まで使っていた

LHチェッカーが、いつも買っていたドラッグストアから

消えたと話す患者さん。

今回の薬事法は、コンビニなどでも一般医薬品が

買えるようになった代わりに

一類に分類された薬は、薬剤師が常駐している

薬局ないし薬店で、薬剤師から直接購入しなければならなくなりました。

なので、薬剤師が常駐していなかったドラッグストアなどは

一斉にそのような商品の取扱をやめたか

余裕のあるところは薬剤師を雇っているはずです。

このような不便さを感じている人もいるでしょうけれども

今までは、薬剤師がいなくても、その辺にいる無資格のアルバイトから

薬を買えたのですから、

その方が怖いといえば怖いですね。

カルチャーショック!

”病院によって全然違うんですね!”

と、最近、大学病院から民間の専門病院に転院した患者さん。

あまりの設備の違いに驚いたようです。

確かに、不妊専門の病院は、

ホテルのロビーのような待合室に

最新の医療機器がずらり。

診察台からして、作りが違うと

カルチャーショックを受けたようです。

確かに、決して安くない治療費なので

技術的にレベルが高いことは当たり前ですが

良い環境で、リラックスして治療を受けることが出来ることに

越したことはありません。

環境面で雰囲気の良くなった場所で

良い結果が出ることに期待しましょう。

原坊の朝顔栽培記3

20090713

摘芯を行って、しばらくしたら、ぐんぐんとつるが伸びてきました。

ナイロンのロープで支柱を作り、

それに絡ませていきます。

朝顔のつるは、上から見て時計回りに巻いていきます。

勝手に巻いていくのを少しコントロールして

伸ばして行きたい方向に

絡ませていきます。

1週間に1回、液肥料を与えて

あとはどんどんつるが伸びていくのを

待つばかり。

どんな色の花を咲かせるのか

楽しみです。

嬉しい誤算

”コレステロールが正常値になりました!”

と、不妊治療でいらしている患者さん。

肥満ではないのに、20代から

ずっとコレステロール値が200を軽くオーバー。

体質?と諦めていたようですが、

鍼をして、初めての健康診断で

正常値になっていることにびっくり!

東洋医学は、病名治療ではないので

不妊症だからこういう治療、

コレステロールが高いからこういう治療という

方法ではないのです。

不妊症もコレステロールが高いのも

みな同じところが原因(体質・・・etc)で起こっているので

その原因を改善することを目的とするのが東洋医学。

なので、不妊症も治り、コレステロールも正常にということは

普通にあります。

この患者さんも、かなり体質が変わってきているでしょうから

卵に質も子宮の環境も良くなっていることでしょう。

次の体外受精が楽しみです。

眠い・・・・

”とにかく眠いので、昼寝を3回しています。。。”

と、移植の判定が陽性になり、大喜びをした患者さん。

まだ、胎嚢は確認できていませんが、

少しの悪心と強い眠気で、寝ても寝たりない様子。

鍼をして間もなく移植をし、無事妊娠。

しかも、血液検査の結果から、どうも双子らしいとのこと。

なので、余計につわり症状が強いのかもしれません。

この時期、盛んに細胞分裂を繰り返し、

6週目には心臓が動き出します。

短期間にそれだけ成長するのですから

お母さんから、たくさんの気をもらいます。

なので、眠たくなるのですね。

ひたすら寝て、気を養い、

たくさんの気を赤ちゃんの成長のために

蓄えましょう。

転院

”もう転院しようかと思っているんです・・・”

と、体外受精の結果が出ないため、別のクリニックで

治療を検討している患者さん。

受精卵のグレードは毎回良いのに

着床しない。

一度、陽性反応が出たけれども

心拍を確認できずに流産。

鍼を始めて2ヶ月。

10回目の移植も判定日に生理が来てしまいました。

体調や生理状態は改善してきましたが

まだ、万全な状態ではありません。

転院をして、また違った目で体を診てもらうことで

何か見えてくるかもしれません。

いずれにしても、その日のために

体を整えておくことは大切です。

必ず、我が子を抱く日が来ることでしょう。

DHEA2

”良いと思って服用してきたんですが・・・”

と、転院先のクリニックでの血液検査で、

衝撃の結果を見て、原因はこれだ!

と直感した患者さん。

男性ホルモン値が通常より一桁も多い数値。

DHEAは、最近、卵巣機能が低下している人に勧めている

ドクターもいるくらい、西洋医学的には一応の効果が

あるとされています。

ただ、これは、男性ホルモンの一種なので

基本的には、男性ホルモン様の働きをします。

女性が服用すると、エストロゲンの値が高くなり

卵巣機能を改善することができるために

服用を勧めているドクターが多いのですが、

結果的に、男性ホルモンが多くなりすぎては

卵巣そのものが機能しなくなる恐れがあります。

”もう直ぐに止めました!”

と、患者さん。

一週間後の血液検査で、ホルモン値が下がっていると

良いのですが・・・・

”お灸をしている夢を見たんです!”

と、鍼灸を始めようと思った動機をそう話す患者さん。

今まで、お灸をすることを少しも思ったことはなかったようで、

いてもたってもいられず、サイトで鍼灸院を探し、

ここにやってきたとのこと。

”自分を良い方向に導くメッセージかもしれませんね。”

と、夢を見たことが、自分の抱えている問題を

解決する良い切っ掛けなるケースが

多いことを話しました。

心理学の分野でも、夢判断が盛んに研究されています。

夢は、潜在意識に眠っている大切なメッセージを

様々なアイテムを使って表現していきます。

起きたときに、それが記憶として残っている場合、

その夢の内容の多くは、自分にとって大切な

情報なのです。

夢がもたらす様々なメッセージを

解き明かすことによって

より良い方向に自分を導いてくれるかもしれません。

一日も早く、夢が実現となるといいですね。

基礎体温

”基礎体温不妊っていう言葉に共感して・・・”

と、超が付くくらい几帳面な性格を自覚している患者さんは

うちに来た動機を話し始めました。

”妊娠って簡単に出来ると思ったんですけど・・・”

医者もびっくりするくらい、真面目に毎日基礎体温を付け、

排卵に合わせてタイミングを取るも、撃沈・・・・

体温を付け始めて、生理が来ることも予想できるようになり

そういう波形が出てくると、ものすごく落ち込んでいたようです。

それがとてもストレスになるからと、

それ以来きっぱり体温をつけるのをやめたとのこと。

かなり気の滞りがあるようですので

鍼で、ゆっくりと気の流れを良くして

ふっと、体の力が抜けたときに

あれ?やっぱり、簡単だったんだ!

と思えるようなことに出会うことでしょう。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »