フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 満開! | トップページ | 嬉しい誤算??? »

悩ましい・・・

不妊治療をしているとどうしても気になるのが

毎朝の体温。

どきどきの瞬間です。

”薬を飲んでいるのに、上がり方がゆっくり!!”

と、患者さん。

体温は、脳の視床下部にある体温中枢によってコントロールさています。

黄体ホルモンは、この体温中枢に働きかけるので

排卵後、黄体ホルモンが分泌されると体温が上がります。

黄体ホルモンが十分でないと、体温中枢が刺激されないので

体温があまりあがりません。

ただ、これもかなり個人差があります。

十分に分泌されていても、体温中枢が十分に刺激されないと

体温はあまりあがりません。

逆に、少しの黄体ホルモンで、敏感に反応してしまうと

十分分泌されていないのに、体温がぐんと上がってしまいます。

それに、視床下部は、自律神経の中枢でもありますので

自律神経のバランスが悪くなると、当然、体温が安定しません。

なので、悩ましいまでに、体温を気にしすぎると

それがストレスになり、

自律神経がどんどん乱れ

体温が、ギザギザになってしまいます。

低いと感じている患者さんでも

治療をしていると、

とても強い熱感があります。十分黄体が機能している証拠です。

自分で自覚できないのも

悩ましい原因のひとつかもしれません。

« 満開! | トップページ | 嬉しい誤算??? »

鍼灸な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 満開! | トップページ | 嬉しい誤算??? »