フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

未知の世界

妊娠するも、流産を繰り返し

検査した結果、抗リン脂質抗体症候群ということが分かる。

その後、IVFをするも、繋留流産。

意を決して、鍼灸をはじめ、体調を整えて

臨んだIVFーET。

どうにか、陽性反応が出てたけれども

ホルモンの数値が低い。

流産防止の鍼をして、

どうにか、ホルモン値も基準内に。

無事、胎嚢も確認できて、

”これからは、未知の世界です。”

と、今まで進んだことのない周期に入る

期待と不安。

どうにか、無事最後まで命を育めることを

祈りつつ、一鍼一鍼、気合を入れて

打っていきました。

誰のせい

原因を突き止めれば、対処法が分かり、

成功する可能性が高まるかもしれません。

ただ、原因をはっきりさせることによって

何が悪いのかが分かり、そのせいにされます。

とかく、不妊症は、女性の問題とされがち。

周囲から、お前のせい、あなたのせい、

といわれ続け、孤立していく。

妊娠しても、流産すれば、

やはり、原因が突き止められ、

結局、女性の問題とされがち。

確かに、子供を育むのは女性の体だけれども

女性だけでは、子供は成長はしません。

男性の協力、家族の協力、社会の協力があって

はじめて、子供は育まれます。

誰かのせいにしても、先には進みません。

でも、何が原因かをはっきりさせないと

先に進むことはできません。

もちろん、原因が分からない場合もありますが、

少なくとも、それぞれの役割の中で

できることのベストを尽くすことによって、

先に進むことができます。

私のせい?あなたのせい?

誰のせいでもありません。

現実をしっかり受け止めて、前に進んでいきましょう。

すっきり!!

アレルギー体質の改善のために定期的に通っているKさん。

”最近、精神的に安定して、とても気持ちが落ち着いています!”

と、すっきりした表情で、そう話します。

肺炎を患ってから、気管支弱くなり、

体調を整えるために通っているおばあちゃん。

”鍼をした後は、とてもすっきりします。”

と、柔和な表情で、そう話します。

体外受精の移植の判定が陰性に終わり、

しばらく鬱々と過ごしていたMさん。

”鍼をしたら、なんだか元気になってきました!”

と、来たときと比べ物にならないほどすっきりした表情に。

鍼は、気の流れを良くします。

日常生活の様々な場面で、気が滞ってしまったとき

そのままにしておくと、体が悲鳴をあげてしまいます。

その滞った気を、鍼で流してあげることによって、

体が軽くなり、心も軽くなり、心身ともにすっきりとしてきます。

すっきりすれば、体が病むことはありません。

迷い

ドクターは、IVFでなければ妊娠しないという。

でも、できれば自然妊娠をしたい・・・・

最初は、タイミングで大丈夫といったのに

薬を使って、徐々にホルモンの数値が悪くなったころ

突然に、そう言われて、戸惑う夫婦。

本当にダメなの???

そう自問自答する日々が続き

このまま治療を続けていって良いのか

もっと、他の方法があるのではないか・・・

どうすることが、自分たちにとって

ベストな選択になるのか模索しているときに

鍼灸の存在を知る。

子供の頃から、抗アレルギー剤を服用し

社会人になってから、睡眠導入剤を服用し

結婚してから、誘発剤とホルモン剤を服用・・・

もう、これ以上薬は服用したくない。

出来る限り、自然は方法で体を整えて

せめて薬を服用しない日常生活を送りたい。

その願いは、鍼灸と出会ったときから

少しずつ、近づいていくことでしょう。

使い捨てないカイロ

最近、環境にやさしいエコ暖房が人気のようで、

巷では話題になっています。

使い捨てカイロの代名詞ともいえるホカロン。

袋を開けて、少し揉むと中に入っている成分と

空気が触れることによって発熱し温かくなります。

ただ、使い終わるとゴミになるので

環境に優しくないのです。

そこで、最近、使い捨てないカイロが登場。

充電するタイプがあるようですが、

7時間ほどしか持ちません。

元祖使い捨てないカイロといえば

ハクキンカイロ。

歴史は古く、80年前に発売されました。

ベンジンさえあれば、半永久使えます。

専用カップ1杯で12時間温かさが持続。

私のHPで以前紹介しましたが、

私もかれこれ3年ほど愛用しています。

程よい温かさで、まさにエコなカイロです。

急がば回れ

一日でも早く妊娠をしたい・・・・

そう思うのは、人情。

タイミングを図っても

AIHをしても、IVFをしても

なかなか妊娠しない・・・・

気持ちは焦るばかりで、

体が付いてきません。

少し休みます・・・・

そう言って、病院の治療を2ヶ月ほど休んだIさん。

年明けに病院に行ったところ、

今まで薬を散々使っても出来なかった卵胞が

育ってました。

急遽、採卵し、見事受精。

今まで何度となく、空胞や未成熟卵でキャンセルしてきました。

薬を使わない方が、質の良い卵子が取れると

ドクターが、治療方針を変更するようです。

しばらくお休みしたのが奏効したのでしょう。

急がば回れの諺のごとく、

自分の体のペースに合わせて

治療する方が、結果的に

早く目標に到達するのかもしれません。

毎日のことだから

胃の不快感は困ります。

胃カメラ検査をしても、異常なし。

だけども、胃の調子は胃悪い。

食欲がない、胃がもたれる、膨満感がある、胸焼けがする。。。

医者は様々な薬を処方するけれども

全く効かない。

最後には、抗うつ薬を処方する始末。

気のせいとでも言いたいのでしょうか。

舌には、べっとりと厚い苔が付いてます。

かなり痰湿が溜まっている証拠。

それが熱を帯びて、余計に状態を悪くしています。

いくら胃薬を出しても、この痰湿がある限り

胃の調子は良くなりません。

10年も苦しんでいたOさん。

容易には、このしつこい痰湿はなくならないでしょうけれども

少しずつ改善して、すっきりとした

毎日が過ごせるように、がんばりましょう。

神頼み

他に何も原因が考えられないのに

妊娠しない・・・・・

ドクターが頭を抱えてしまうということを

良く耳にします。

体外受精で、ホルモンの状態も受精卵のグレードも

内膜の厚さも申し分ないのに、着床しないことは

ままあるようです。

ドクター自身も着床しない原因を説明しようがないようです。

そこで一言、”神頼みしかない”と・・・・

もしそうなら、手を合わせて神様にお願いすれば

着床するのでしょうか。

少なくとも神様は、信じるものだけを救って

くださるのだから、自分の体を信じて、

受精卵の力を信じて、ドクターの治療を信じて

着床するということを

心の底から信じるしかないのでしょう。

嬉しさのあまり・・・

この年末年始、ご懐妊報告続きで

先日HPに書いた真冬と真夏の妊娠率が高いということが

改めて認識させられました。

妊娠が分かったときの反応は、みなさん様々ですが

長く辛い不妊治療の末に

やっとの思いで妊娠した人にとっては

飛び上がるほど嬉しいことのはずですが

意外と冷静?に受け止めている人が多いようです。

嬉しさのあまり放心状態?になってしまっているのか・・・

それとも不安?が先行してしまっているのか・・・

つわりのせいで、それどころではないのか・・・

人それぞれでしょうけれども

心の内では、きっとはち切れんばかりの

喜びを感じていると思います。

いずれにしても、2009年に翠明館発の

多くの新しい命が誕生するわけで

その瞬間に立ち会うことが出来たことは

大きな喜びになります。

仕事始め

仕事始めの今日、”今年もよろしくお願いします!”と

患者さんから挨拶をされ、

今年も、一人でも多くの人に、喜ぶ笑顔を届けてあげたい

という、気持ちを新たに持ちました。

昨年末に、妊娠しました!という報告を

多数の患者さんからいただきましたので

この良い流れを

今年も引き継いでいきたいと思います。

あけましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます

昨年は、経済・社会とも激動の1年でしたが、

果たして、今年はどのようなドラマが待っているのでしょうか。

一人でも多くの人が、自分の夢が叶えられるよう

さらに鍼灸術に磨きをかけて、

幸せ一杯のドラマを作っていきたいと思ってます。

2009年が、皆様にとって実りある年となりますよう

お祈りしてます。

今年もよろしくお願いします

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »