フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

寒ぅ・・・

そろそろ衣替えの時期とはいえ、

最高気温18度というのは、今まで経験した記憶がありません。

これでは、患者さんが凍えてしまうと

今シーズン初めて暖房をつけました。

9月に暖房を付けた経験は

おそらくなかったと思います。

太陽の活動が低下していると

先日新聞記事が載っていましたが、

そうすると気温が下がるということで、

温暖化になっている地球にとっては

多少良い影響なのかもしれませんが

何も9月に暖房を必要とするほど

冷たくしなくてもいいと思うんですけどね。

今年の冬は、寒くなるのでしょうか・・・・

千里の道

4回IVFをして、1回しかETできず、藁をもすがる思いで

鍼灸治療を始めたのは今年の1月。

それから、8ヶ月経って、

生理周期も安定し、基礎体温も安定してきました。

生理の症状も改善しています。

体は、ほぼ万全に整っていますが、

前回のこともあるので

治療をいつ再開しようか迷っています。

”そろそろ、再開しようと思っているのですが・・・”

と、Aさん。

”体もいい状態になっているので、良いと思いますよ。”

を私の言葉に意を決したのか、10ヶ月ぶりのIVFに

チャレンジをしました。

数日後、

”こんなにも順調に進めるなんてまだ信じられなくて、私も主人も大喜びです。”

と、陽性反応が出たとのメールをいただきました。

千里の道も一歩からのごとく

絶望をした日から、こつこつと毎日、

地道に体を整えてきました。

その努力の甲斐があって、

この喜びの日を迎えることが出来たのです。

歩き続ければ、必ず千里の道の先にある夢を

つかむことが出来ます。

省エネ

今年に入って急騰した原油。

ガソリン価格が上がるなど、庶民の生活を圧迫し始めてますが、

来年になると電気代が一気に値上がります。

エアコンの設定温度を高めに設定したり

不必要な電気はこまめに消したり

使わない電気製品のコンセントを抜いたり

エネルギー効率のよい電気製品に買い換えたり

と、値上げに備えて、あの手この手を駆使しています。

電気代を節約するということは、

限りあるエネルギーを大切に使うという

エコライフにもつながります。

なので、当院の蛍光灯も6本使用していましたが

2本減らして4本にしました。

電気代節約という意味もありますが

仰向けになったときに

意外と蛍光灯の明かりはまぶしいので

それを軽減する意味もあります。

明るい光は、リラックスできませんので

少し暗くした方がリラックスできて良いのです。

省エネとリラックスは、一石二鳥なので

薄暗い夜もいいかもしれません。

怖くて・・・・

”検査薬使えなかったんです・・・”

と、流産を繰り返しているSさん。

予定日を過ぎても生理が来ないので

もしかしたらと、期待をしつつ、

期待をし過ぎて落ち込むのが怖くて

確認できなかったようです。

結局、5日ほど遅れて生理が来ました。

いつもと違う経血に、もしかしたらの思いがよぎります。

本来、自分を守るために備わっている機能が

ちょっとしたことで上手く機能してくれないとき

スムーズに行くはずのことが、上手くいきません。

微妙なバランスの上に人間の体が出来ているということを

改めて感じさせられます。

その微妙なバランスを

鍼灸は整えます。

きっと、Sさんにも

新しい命を授かるときがやってくるでしょう。

気づいたら・・・・

”胃の調子がいいってことに気づいたんです!”

と明るく話すSさん。

パニック障害で、長い間辛い思いをされてきました。

月経周期にあわせて、様々な症状が出来てます。

”今周期は、息苦しさがなかったんです!”

毎回、来るたびに、症状が好転してきます。

鍼は、自律神経に働きかけますので、

パニック障害などの症状は、意外とすっきり取れます。

ほんの少しだけ人よりも敏感なために

ストレスが加わると、途端に体が悲鳴を上げてしまいます。

気を充実させて、ストレスに抵抗できるような体にしていくことで

パニック障害を起こさない体にしていきます。

Sさんも、きっとそうなるでしょう。

吉方

今年の6月まで治療に来ていたOさん。

しばらく、来院されないので

どうしたのかと気になっていたところ

ご懐妊メールが届きました。

7月に引越したようで、

引越しをしてすぐに妊娠したことが分かったとか。

西洋医学の治療で、自分の生理がどんどんおかしくなってくることに

一抹の不安を感じ、

東洋医学にその可能性をかけた。

最初は疑心暗鬼だった東洋医学でしたが

自分の生理が元に戻っていき

体調がよくなっていくことを実感し、

無事、妊娠。

引越しをしてすぐに妊娠が分かったので、

もしかしたら、引越しした方角がよかったのかもしれません。

サバ

昨日久々に釣りに行ってきました。

いつもの本牧つり施設。

休日とあって、朝4時半に着いたにも関わらす

すでに50人くらいは並んでいたでしょうか。

営業は6時からなのに・・・・

この時期になると、あじやさばなどの大型の魚が釣れます。

狙いはさば。

連日の釣果データをみると、徐々に釣れだしてきています。

でもまだ、1日で20~30匹くらいしか上がっていません。

Saba_2 しかし見てください!

40センチオーバーのさばを2匹釣りました!

牛乳パックに載せて撮りましたので

大きさが比較できると思います。

また、月末に行く予定ですので、報告します!

ネットコミ

鍼灸院に来院する切っ掛けで一番多いのが、口コミ。

クリニックも、そこに通院している人の話を聞いて

その評判で、受診するかどうかを決めたりします。

鍼灸院は、クリニック以上にこの口コミが重要視されます。

なぜなら、圧倒的に受診する患者さんの数が少ないからです。

最近は、口コミではなく、ネットの掲示板などで紹介されたという

人が多く来院します。さしずめ、ネットコミでしょうか。

先日いらしたOさんも、その一人。

以前、うちで鍼治療を受け妊娠をした方から

掲示板で紹介されたとか。

まだ、ネットが普及していなかった時代では

まさに口コミで、自分の周囲の人しか情報を伝えることが

出来ませんでしたが、

ネットが普及した今となっては、世界中の人と

情報交換が出来ますので、

一瞬で、多くの人に、情報を伝えることが出来ます。

先日もフランスでIVFをされている人からの相談を受けました。

隔世の感を禁じ得ません。

願い

今年の初めに妊娠をして、もう36週になったAさん。

今日は、安産の灸にやってきました。

以前、女の子と分かったときに、子供の名前について、

自分が考えた名前に、ご主人が難色を示したとかで、

”姓名判断的にどうですか?”

との相談を受けました。

姓名判断的には、すべてが良いわけではありませんが、

決して悪くはありません。

ただ、子供の名前は、親の子供に対するメッセージですので

それを大切にしてくださいね、とお伝えしました。

画数を意識するあまりに、親の願いがどこかに飛んでいってしまっては

意味がありません。

名前にも流行廃りがありますが、

出来る限り、自分たちの願いを込めた

名前を付けてあげたいですね。

ゲリラ豪雨

”先生、先日の雷雨は大丈夫でしたか?”

と、先週末の八王子豪雨で、家が流され、あちらこちらでがけ崩れ、

川の氾濫と、八王子の被害がニュースに流れ、それを見たTさんが

心配をしてくれました。

10年以上八王子に住んでいますが、初めての豪雨災害。

豪雨の被害にあった地域は、高尾山に近いところで、

うちからは、10キロほど西に位置してます。

それにしても、夜中に激しい雨と雷でしたので、

まったく寝ることが出来ません。

近くで何度も雷が落ちて、不安で寝ることが出来ませんでした。

うちがある絹ヶ丘も、斜面ですので、起こる可能性は

まったくないわけではありません。

そして、昨日も19時前後の30分くらいでしたでしょうか

突然の激しい雷雨があり、2回ほど近くに雷が落ちました。

幸い、この時間帯、予約が入っていませんでしたので

被害にあった患者さんがいなかったのが幸いです。

19時半に予約されていた患者さんは、

この激しい雷雨の影響で、渋滞に巻き込まれ

少し遅れてきましたが、ちょうどそのころには雨もほとんど上がり

雷も遠のいていました。

いつ起こるかわからない、神出鬼没の局地的な豪雨は、

まさにゲリラです。

嫌な予感

先日、採卵を控えて、治療に来たEさん。

いつもならとっくに採卵している周期なのに、

ドクターからは2日後に来てくださいと言われ、

その翌日に鍼治療に来ました。

”なんだかお腹が張ってきて痛いんですよね。”

と、排卵してしまわないかと不安そう。

前回、前々回と、移植まで行かなかったので

卵巣機能を少しでも良くしようと、鍼灸や漢方を始めました。

そして迎える最初の採卵。

翌日、病院に向かう電車の中で、さらに下腹部痛が増し

その瞬間ふと痛みが和らぎました。

”もしかしたら、排卵しちゃったかも。。。。”

病院に行き、エコーで確認したところ、排卵してしまったことを

告げられ、採卵が中止。

嫌な予感が的中してしまいました。

せっかく、ここまで準備してきたのに・・・・と落胆の色は隠せません。

いい感じで卵胞が成長していただけに、ショックは大きそうです。

このクリニックは、排卵してしまったことによる採卵のキャンセルが

多いので、またか・・・・という気持ちで、一緒に準備してきた

私にとってもかなりショックな出来事です。

”また、次周期がんばります!”

と、明るく振舞うEさんの健気さが、唯一の救いになります。

高さ比べ

鍼灸院は、まだまだ一般的に馴染みがありませんので

敷居が高いようです。

最近ではマスコミでも美容鍼が取り上げられ

身近になりつつありますが

興味があるけれども、なんか怖い・・・どこに行っていいか

分からないと、二の足を踏んでしまうようです。

でも、病院に行きたくないから、行きづらいからと

鍼灸院に行くという人が少なからずいます。

今日、初診出来たHさんは、その一人。

一年間、基礎体温を測り、LHチェッカーで排卵期を予想して

地道にタイミングを取ってきましたが、

妊娠に至りません。

でも、病院に行くのは抵抗があると、うちに来ました。

人によっては、病院の方が敷居が高いのですね。

薬を使わずに、出来るだけ自然な形で

妊娠をしたいと願う人は、多いのではないでしょうか。

器質的に障害がある場合は、西洋医学の力を借りた方が

よい場合もありますが、

そうでない場合は、より自然な治療法で

体を整えて、本来持っている妊力を引き出すことで

妊娠することが理想でしょう。

そういう人たちにとっては、馴染みのある病院よりも

馴染みのない鍼灸院の方が、敷居が低いかもしれません。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »