フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 大きく育て! | トップページ | 卒業 »

ブラックボックス

次周期、久々にIVFをするEさん。

受精卵の質は悪くないのに、なかなか着床してくれません。

”自分で出来ることはなにかないですか?”

医者も受精卵の質を高めるために、知恵を絞ってますが

着床を確実にする知恵は持ってません。

まさに神のみぞ知るブラックボックス。

東洋医学では、ひたすらに血液循環を良くしてきます。

血液循環が良くなれば、ホルモンの循環も良くなります。

そうすると、卵巣がきちんと働き、子宮環境が良くなります。

それから意外と問題なのが、免疫機能。

自分の体を守ってくれる免疫機能ですが、

こと妊娠にいたっては、これが過剰に働くと

せっかく着床した胎児を排除してしまいますので、

やっかいです。

でも、東洋医学は、この免疫機能が過剰に働かないように

上手にコントロールします。

着床という過程は、決して難しいことではなく

体が本来持っている状態であれば、

スムーズに通り過ぎていくのです。

« 大きく育て! | トップページ | 卒業 »

医療な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラックボックス:

« 大きく育て! | トップページ | 卒業 »