フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

慣れ

1ヶ月のほとんどを憂鬱に過ごしていたHさん。

”体がだるい状態に慣れていたことに気づきました。”

と、鍼をして体が軽くなっているのを実感している様子。

女性は、否応なしに月経という体の生理現象を経験します。

それがスムーズであれば、特別に気にすることは

ないのでしょうけれども

月経に伴う様々な症状が

日常生活に支障をきたすほど辛い場合は

話は別です。

Hさんは、月経期間の3日ほどを除いて

体のだるさ、抑うつとした精神状態、頭痛や腹痛などに

悩まされていました。

最初は、とても鍼を怖がっていましたが

今では、鍼の効果を実感して

鍼の認識ががらりと変わったようです。

諦観

久々に治療院に顔を出したTさん。

IVFで妊娠したにももかかわらず、

残念なことに、4ヶ月目で心拍が停止。

しばらく、ショックで立ち直れなかったようですが、

また、可能な限りチャレンジしてみようと

治療を再開。

”諦めるって事も大切だなって、最近思うようになったんです。”

再開して間もないのに、と思いましたが、

切っ掛けは、ブラックジャックを読んでからだとか。

ブラックジャックは、どんな難しい手術も成功させてしまう

カリスマ外科医師。

単に難しい手術を成功させるというストーリだけでなく

何のために生きているのかを読者に問う

哲学的な内容の漫画です。

自分の人生の中で、子供を持つということがことが

どういう位置づけなのかを、考えたのでしょう。

子は宝といいますが、宝だからこそ手に入れたい。

でも、それか叶わなかったときどうするか。

焦らず、ゆっくりと考えていきましょう。

嬉しい悲鳴

今までのIVFでは、空胞だったり、

採卵できたとしても受精できなかったりと

卵巣機能が確実に低下していたHさん。

少しでも卵巣機能を改善したいと鍼灸を始めて

初めてのIVF。

”左右で5個も出来ました!”

と、嬉しい報告。

”でも・・・・”

と、少し暗い顔。

”あまりにも育ちが早くて採卵日前に排卵してしまいそう!”

今までにはなかった出来事に、少々戸惑い気味です。

鍼灸をすると血液循環がよくなり、

卵巣機能もUPしますので

薬の効きが良くなってしまうのですね。

まさに、嬉しい悲鳴でしょうか・・・

不便

今日、風呂にお湯を張ろうと、給湯器のスイッチを入れたところ

エラー表示・・・・

何度やっても、エラー。。。。

まさか、風呂に入れないの・・・・

エラー表示の内容を見ると

点火エラーとのこと。

えええ!水風呂かよ!

真夏の暑いときならいざ知らず

ここ数日の寒さでは、完璧に風を引く。。。。

こんな夜に、点検に来てくれるわけもなく

メーカーのサイトにアクセスしてみると、

修理依頼が、24時間できるとのこと。

早速電話をして、依頼。

でも、どんなに早くても明日の午前中とのこと。

ちなみに、どんな原因が考えられるか聞いたところ

点火部品等々の故障などの可能性が・・・・と受付の人が答える。

そんなことは聞かなくても分かると思いつつ、

じゃあ、明日連絡してくださいと、伝えたところ

受付の人が、最後に

”追い炊き機能があれば、水を張って、追い炊きしてみてください。

火がつけば、給湯器内部の湿気が蒸発して、

点火が出来る場合があります。"

と・・・それだよそれを聞きたかったんだよ!

さっそく、試したところ、見事点火。無事お風呂が焚けて、

おまけに給湯器も無事使えるようになりました。

ここ数日、雨ばかりで、湿気ていたんだね、と思いながら

給湯器の使い方の裏技を知って、大満足!

毎日、当たり前のように使っていたものが

使えなくなると、これほど不便な思いをするのかと痛感。

ちゃんとメンテナンスをしなくては、と

明日早速点検してもらうよう依頼する予定でいます。

卒業

今年の2月まで通院していたYさん。

2月の周期で陽性反応がでるも、流産。

精神的にショックで、しばらく治療をお休みしてましたが、

5月の周期に無事妊娠。最近、クリニックを卒業しました。

なかなか結果が出なくて、

泣きながら治療を受けたこともありました。

その甲斐があって、新しい命を育むことが出来たのです。

まさに、涙の結晶が、新しい命となった瞬間です。

卒業は、新しい人生の始まり。

これからどんな人生が待っているのでしょう。

ブラックボックス

次周期、久々にIVFをするEさん。

受精卵の質は悪くないのに、なかなか着床してくれません。

”自分で出来ることはなにかないですか?”

医者も受精卵の質を高めるために、知恵を絞ってますが

着床を確実にする知恵は持ってません。

まさに神のみぞ知るブラックボックス。

東洋医学では、ひたすらに血液循環を良くしてきます。

血液循環が良くなれば、ホルモンの循環も良くなります。

そうすると、卵巣がきちんと働き、子宮環境が良くなります。

それから意外と問題なのが、免疫機能。

自分の体を守ってくれる免疫機能ですが、

こと妊娠にいたっては、これが過剰に働くと

せっかく着床した胎児を排除してしまいますので、

やっかいです。

でも、東洋医学は、この免疫機能が過剰に働かないように

上手にコントロールします。

着床という過程は、決して難しいことではなく

体が本来持っている状態であれば、

スムーズに通り過ぎていくのです。

大きく育て!

昨年の秋に無事妊娠したNさん。

”小さい男の子が生まれました!”

と、出産メールをいただきました。

低体重児なので、まだ入院中ですが、

少しずつ大きくなってくれればと、

ゆったりとした気持ちで、子供の成長を見守ってます。

うちの子もみな低体重児でしたが、

何不自由なく、五体満足に成長してます。

小さく産んで、大きく育て!ですね。

十数年ぶり

”こんなに体調が良いのは十数年ぶりです!”

と、明るい表情で答えるYさん。

6月以降、原因不明の体調不良で、

辛い日々を過ごしていたようです。

西洋医学では、自律神経失調症という便利な病名がありますが

ようは、原因が分かりません病なのです。

東洋医学では、腎虚であったり、肝気鬱であったり、

その人の体質によって、原因は様々ですが、

はっきりと診断することが出来ます。

なので、しっかりと原因に基づいて

治療することが出来るのです。

数回の治療で、すっかり元気を取り戻したYさんは

家族からも表情が明るくなったと言われ

鍼灸の効果を再認識しているようです。

初体験

”超不安なんですけど!!”

と開口一番にMさんが、

初めての体外受精を体験しての感想を激白。

どうにかETをしたものの、

体の変化が何もないことに

不安を感じているようです。

ネットの掲示板などの書き込みで

無事妊娠した人は、ET後に様々な体の変化を感じているようで、

何も変化がないとダメなのでないかと

不安を感じる人が多いようです。

Mさんと同じように、ET後に体の変化が何もないと

不安を訴える人は多くいます。

ただ、こればかりは個人差がありますので

何も変化がなくても、無事妊娠している人もたくさんいます。

なので、気にせず、リラックスして、ゆったりした時間を

過ごしましょう!

夏休み

今日で夏休みが終わりです。

いつもの定休日と2日間の臨時休診で、4日間の短い夏休みでしたが、

久々のドライブと温泉で、心身ともにリフレッシュ!!

世間は、今日からお盆休みのところが多いようで、

あちらこちらで、リフレッシュをする人たちであふれるでしょう。

原気を養ってきたので、明日からまた気合で

患者さんたちに気のおすそ分けをしたと思います。

おめでとう!!

昨年夏に、IVFで無事妊娠したTさん。

いくつかのLCを渡り歩き、私がお勧めしたLCで無事妊娠。

卵の質が悪いと、鍼を始めて最初のIVFでした。

”治療に通い妊娠に至った子が無事産まれてきました!”

と、暑中お見舞いのお葉書をいただきました。

産まれてくるという、能動的な表現に、

ご夫婦の愛情に赤ちゃんが応え、

3人力を合わせて、この偉業を成し遂げたのだという

充実感がにじみ出てきます。

本当に、おめでとうございます!!

雷雨

都心では昼前から雷雨で、激しい雨と雷に見舞われていました。

うちの治療院付近は、2時少し前ころからスコールのような

激しい雨が降りました。

雷雲は、神奈川県の相模原市をとおり町田から横浜をとおり

都心に流れていった模様です。それと奥多摩で発生した雷雲は

八王子の北部を通過して都心に流れていったようです。

なので、絹ヶ丘周辺は、激しい雨は降ったものの、

雷雲は直接通らすに、遠くで雷がなっていました。

緑の少ないところは、都市型ヒートアイランド現象で

熱い空気を溜め込みやすいので、積雷雲が発生しやすいのです。

長沼公園が近くにある絹ヶ丘は、緑が多く、熱い空気が

発生しにくいので、積雷雲が発生しにくいのでしょう。

そんな発見をした、一日になりました。

なんちゃって

今日無事ETが終わったOさん。

”これから2週間はなんちゃって妊婦を味わえるんで楽しんです♪”

と、超ポジティブ。おきらくを自認している私もびっくり!

多くの方は、この2週間が落ち着かない、不安な期間と

ネガティブになります。

そういう考え方もあるんだ!

と、Oさんもそのポジティブさに脱帽。

そういう気持ちでいれば、必ず赤ちゃんも応えてくれることでしょう。

2週間後が楽しみです。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »