フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

猛暑

猛暑日が、去年の記録を超えたそうです。

梅雨明け後の10日間は、晴れて暑くなりますが、

それにしても、暑い・・・・・

とはいえ、去年よりも確実にエアコンを付ける時間は短くなってます。

治療院のスペース以外は、ほとんど付けていません。

部屋の温度が35度を超えたときは、さすがに暑いと感じましたが、

それでも、エアコンを付けず、扇風機もつけず、うちわのみで

凌ぎました。

慣れると、これでも耐えられるのですね。不思議と・・・・

原油高で、電気代も更に上がるとのこと。

寝るときに部屋の温度が30度を超えても

それを考えると、気合で寝られるようになります。

窓を開けてると、涼しい風が入ってきます。

エコは、気合だ!!ということを悟る夏になりそうです。

親の恩

先日、1月に出産したKさんが、お子さんを連れて遊びに来てくれました。

3400gという大きな女の子でした。

生後6ヶ月とは思えない、しっかりしたお子さんです。

”独身時代は、自分ひとりで何でもやっていけると思ってたんですけど・・”

子供が生まれて、自分は一人で生きているんじゃない

ということを実感したとか。

何もかも初めての育児で、戸惑うことばかり。

そんな時、自分の親や保健婦さん、お友達など

いろんな人が助けてくれます。

子を持って知る親の恩といいますが、

まさに子供が生まれることで、育児の大変さ、子供を愛しいと思う気持ち

を身をもって知ることで、

自分をここまで育ててくれた親に心の底から感謝できるのでしょう。

これから、親として、自分の子供と一緒に成長していくと思います。

一寸先は闇

昨日、京王八王子駅の駅ビルで通り魔殺人事件が起きました。

以前、治療院があったところから2,3分の場所。

JR八王子駅からの乗り換え客で

遅い時間まで人通りの絶えない場所だけに

ぞっとしました。

1年前まで、私も毎日通っていた場所で、

帰りはいつも、犯行があった時間くらいに

あの場所を通っていました。

まだ、あの場所に治療院があったら、

もしかしたら、この事件に遭遇していたかもしれません。

最近、人生が上手く生きられない、親から叱られたなどの理由で

まったく関係のない人の命を奪う事件が多いのが気になります。

身勝手な犯行に憤りを感じつつ、

いつこのような凶行に遭遇するかも分かりません。

そういう時代が来たのだと、

人の多くいるところに出かけるときは

交感神経を全快にしていかなければならないでしょう。

おつですね

”暑いときにお灸をするっておつですね!”

とOさん。

”でしょう!”

と応えました。

暑いときに辛いカレーを食べたり、熱いラーメンを食べたりします。

食べた途端、汗だくに。

暑い国には、辛い食べ物が多いのはご存知かと思いますが、

辛い食べ物を食べることによって、発汗作用が起こり

結果的に体を冷ます効果があるのです。

なので、暑いときに熱いお灸をすることで

発汗作用が起きて、体温を調整するのです。

もちろん、エアコンで冷えた体には、温める効果もありますので

一石二鳥!

タイミング

妊娠という神秘的な現象は、

卵子と精子の出会いから始まります。

卵巣から卵子が排卵されてから、24時間という

短い間に出会わなければなりません。

なので、そのタイミングを取るのが難しい。

それと同じように、治療をいつ再開するかが

また難しい。

月経周期が整ってから、PMSがなくなってから

高温期がもう少し長くなったら、お腹が柔らかくなったら。。。。。

ベストな体調で再開したいというのは人情。

悩んだときは、体の声に耳を傾けてみましょう。

きっと、応えてくれます。

暑中お見舞い

今年に入ってすぐに出産したOさんから、

暑中お見舞いのハガキが届きました。

お子さんもすでに6ヶ月。

元気な男の子です。

カメラ目線で、にこっと笑った顔は

まさにOさん家族のアイドルそのもの。

これから暑い日が続くでしょうから

思いっきり水遊びで楽しんでね♪

初鳴き

今日、この夏初めてセミの鳴き声を聞きました。

”ジーーーーーーィ”と鳴くのは、ニイニイゼミでしょうか。

このセミが鳴き出すと、夏本番です。

今日も30度を軽くオーバーして、梅雨明けを待たずして

連日の真夏日。

すでに夏ばて気味の方もいるでしょう。

物価高騰の折、節電でエアコンを控え、

暑い夏を、汗をたくさんかいて、健康に過ごしましょう。

ありがとうございました!

1月にIVFをしたMさん。

その後、来なくなってしまいました。

良くあることなので、気にはしていなかったのですが、

先日、大きいお腹をして来院。

”あの時、妊娠したんです!”

と、ふっくらしたお腹をなでながら

”その節は、ありがとうございました!”

と満面の笑み。

切迫流産になりかけて、入院したとか。

落ち着かない日々を過ごしていて

連絡しそびれたようです。

今日は、逆子の治療で来ました。

三陰交に灸点をおろして、自宅灸のアドバイス。

きっと、元気な赤ちゃんが産まれることでしょう。

泣きなさい

♪ 泣きなさい 笑いなさい

  いつの日か いつの日か

  花を咲かそうよ

治療の結果がなかなかでないとき

やっと授かった命を失ったとき

その悲しみに、じっと一人で耐えている。

うちに来て、ほっとするのでしょう

泣きながら、胸のうちを話してくれます。

きっと、彼女たちにも

新しい命の喜びに浸るときがくることでしょう。

すっきり!!

風呂に入っているとき

ふと見上げると、黒い転々が・・・・

なんじゃあれは・・・・

よく見るとカビじゃありませんか!!

ジメッとした日が続いていましたので

一気に繁殖したのでしょう。

なので、今日は、半日風呂掃除をしていました・・・・

ふう~、チュウハイが旨い!!

ビックリ!!

無事ETを終えたMさん。

ETの様子をリアルに話してくれました。

”前の病院と全然違うんですよ!”

ドクターの入念で精密な検査に基づいて

ピンポイントで一番最適な場所に受精卵を戻す。

”看護師さんも沢山いて、ビックリしました!”

大切な命を、慎重に慎重を何重にも重ねて

誠心誠意愛情をこめて戻す。

その治療に感動したMさんは、興奮気味に話してくれました。

来週には判定日がやってきます。

ご主人も一緒にその瞬間に立ち会うようです。

きっとMさん夫婦にコウノトリがやってくることでしょう。

不信

不妊治療で専門クリニックに通院しているWさん。

最近、そのクリニックに不信感を抱いているようです。

”こちらが聞かないと、説明してくれないんです。”

アットホームで、何でも相談に乗ってくれると評判のクリニック。

Wさんもその評判を信じて通い始めました。

”先日の手術の結果についても、こっちが聞いて始めて説明しくれたんですよ!”

術後にAIHをしたのですが、何か雑に扱われて、

さらに不信感の輪が広がってしまいました。

コンベアー式に治療が進む都心の某専門クリニックでは、

半ば当たり前のような扱いも、

丁寧な医療を売りにしているクリニックでそれをすると

たちまち患者さんから総スカンをくらいます。

それでなくても、不妊治療はストレスだらけなので、

せめてクリニックでは、ノンストレスにしてもらたいものです。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »