フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

体の悲鳴

今日初診で来た大学生のTさん。

中学生のころは、人間関係のストレスで、不登校になり、

そのころから、過敏性腸症候群に。

病院に行っても、異常なしといわれ、気にし過ぎと取り合ってはくれなかったようです。

苦労をして入った大学でも、周囲の無理解から、心が傷ついています。

だた、人より少しだけ感受性が強く、少しだけ人間関係に不器用なだけなのに

そのことを誰にも理解されず、肩身の狭い思いをし、

そのストレスで体が悲鳴をあげています。

心と体の結びつきを大切に考えている東洋医学では

当然の結果で、西洋医学では、気のせいとして片付けられてしまいます。

もっと早く体の悲鳴に気づいていれば、こんなつらい思いをすることはないのです。

体の声に耳を傾けてください。

運命

逆子治療で来たSさん。3年間の不妊治療の末、去年8月に妊娠。

鍼灸治療を始める前に、何度かメールで相談をしました。

3年間結果が出ないことへの焦りと自己嫌悪。

鍼灸で本当に妊娠できるようになるのかという不安。

かなり精神的に追い詰められていました。

”これも授かりものですから、ゆったりした気持ちで身体を整えていきましょう!”

そう、アドバイスすると、ふっ切れた様子で、

”もし願いが叶わなかったとしてもそれが私の運命なのだと受け入れなければならないとも思っています。”

と、鍼灸治療を受ける事を決心。

鍼灸治療を始めて、最初の周期のときに、なんと自然妊娠!

来月、可愛い我子をその胸に抱くことでしょう。

それもまたSさんの運命なのですね。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »