フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


甲状腺機能と不妊

甲状腺は、体の代謝にとってはとても大切な内分泌器官です。主な作用は熱産生で、体中の細胞に働きかけてエネルギー代謝を活発にし、基礎代謝を上げていきます。なので、甲状腺機能が亢進しているバセドウ病の人は暑がりで、橋本病などの甲状腺機能が低下している人は寒がりで、体が冷えてしまいます。いくら温めても冷えが解消しないというタイプの人は、もしかしたら甲状腺機能が低下しているかもしれません。

甲状腺ホルモンは、体中の全ての細胞に働きかけますので、当然卵巣や子宮にも様々な作用を及ぼします。排卵が早過ぎたり遅過ぎたりするのも、甲状腺ホルモンの異常で起こる場合があります。特に、低下しているタイプの人は、プロラクチンの分泌を亢進する場合がありますので、PCOSなどの症状を引き起こしこともあります。

また、排卵後受精をして着床をする時期になると、子宮内膜が着床しやすいような状態の変化していくときにも、実はこの甲状腺ホルモンが様々な働きを調整していることが最近の研究で分かってきています。いわゆる”着床の窓”といわれる時期に着床しやすい内膜に仕立て上げる裏方の仕事を甲状腺ホルモンがしているのです。

甲状腺機能の状態は、TSHという甲状腺刺激ホルモンの値を検査しますが、基準値は0.45~4.5μU/dlで、4.5μU/dl以上の場合は甲状腺機能が低下していると診断されます。逆に、0.45μU/dl以下の場合は甲状腺機能が亢進していると診断されます。ただ、最近では妊娠を予定している女性の場合、基準値以内であっても2.5μU/dl以下であることが望ましいとされています。それは、軽度の低下症の場合でも妊娠継続に支障が出たり、胎児の脳や骨の発達に支障をきたす可能性があるとの報告がありましたので、妊娠を考えている人は、この値以下の調整することが良いとされています。

妊娠をすると妊娠ホルモンであるhCGホルモンが分泌されるようになりますが、このhCGは甲状腺を刺激する作用もあり、妊娠すると軽度に甲状腺機能が亢進していきます。その理由は、胎児の成長に母体の甲状腺ホルモンが欠かせないからです。12週くらいまで胎児は自分で甲状腺ホルモンを作ることができませんので、母体からのホルモンで脳や骨の成長させていきます。なので、甲状腺機能が低下している人は、十分に甲状腺ホルモンを胎児に送ることができないので、成長しきれずに流産になってしまったり、脳や骨が十分に発育しないまま出産したりと、少なからず妊娠出産に影響を与えてしまいます。

軽度の甲状腺機能異常は、鍼灸治療で十分に改善することが可能です。もちろん、薬を服用して甲状腺機能を改善している人でも、再発防止や機能を改善して薬を減らしていくことも可能です。卵胞の成長から受精、着床、それから妊娠から出産までの全てのステージで甲状腺ホルモンは作用をしていますので、FSHやLHなどの卵の成長・排卵に必要なホルモン、エストロゲンやプロゲステロンといった妊娠に必須なホルモンと同様にとても重要なホルモンの一つです。もし、原因不明の流産を続けている場合、あるいは原因不明の着床障害を抱えている方は、甲状腺ホルモンの検査をしてみることをお勧めします。もしかしたら、それが原因かもしれません。

起立性調節障害と鍼灸

起立性調節障害(OD)は、ODは思春期に起こりやすい自律神経機能失調と考えられており、急激な身体発育のために自律神経の働きがアンバランスになった状態といわれています。日本の中学生の約10%にみられ、特に思春期の女子に多いとされています。

主な症状は、朝起きられない・めまい・立ちくらみが一番多くみられ、その他にも動悸・息切れ・睡眠障害・食欲不振・腹痛・頭痛・倦怠感など人によりさまざまな症状が現れる。 午前中に体調を狂わし、午後になると改善する症状もあります。精神的な症状としては疲労感・過換気症候群・不安障害などがみられる場合もあります。 

これらの症状が起きる原因として、自律神経のアンバランスが挙げられます。人間の体は起き上がろうとするときに交感神経が興奮して下半身の血管を収縮させて血圧を挙げます。そのことによって脳の血流を保とうとします。同時に副交感神経の活動が低下して、心臓の拍動が増加し心拍出量を上げて、血圧を維持しようとします。

起立性調節障害の場合は、この交感神経と副交感神経の働きに異常が出てしまうので、血圧が低下して脳の血流量や全身への血流が維持されないために、たちくらみやふらつき、易疲労や疲労回復が遅れてしまいます。また、脳の血流が悪いために、思考力は低下し、集中力もなくなってきます。心臓は代償性頻脈を起こすため、起立状態や少しの運動で息切れ、動悸を起こすようになり、とても体が辛く感じます。逆に、体を横にすると全身への血流が回復するため、このような症状が軽減し身体が楽になります。 

ところで自律神経の活動性には24時間周期の日内リズム(概日リズム)があります。たとえば、人は早朝になると交感神経活動が増えて身体を活性化し、夜には副交感神経活動が高まり身体をクーリングさせ、休養させます。ところが、起立性調節障害の子ども達に対応する際に、このような特徴は十分理解してあげてください。 

東洋医学では、起立性調節障害の概念に当てはまる病証はありませんので、現在出ている症状に対して、例えば”眩暈”であったり、”鬱証””不眠””心悸”などの病証に当てはめて、それぞれの病証に該当する証で治療をしていきます。

当院では、鍼灸治療に加えてスパーライザー照射も併せて行っています。スーパーライザーを星状神経節に照射することによって、交感神経をコントロールしていきます。起立性調節障害は、基本的には交感神経と副交感神経のアンバランスが原因で引き起こされますので、鍼灸治療とスーパーライザー照射を併用することで、効果的にバランスを整えていくことができます。

 

リウマチと鍼灸治療

リウマチは自己免疫疾患の一つですが、原因はまだはっきりと分かってはいません。広い意味でのリウマチは、関節や筋肉、骨、靭帯なdの運動器の痛みやこわばりを引き起こす症状で、例えば変形性関節症や膠原病、痛風などの多くの疾患がこれに該当します。

狭い意味でのリウマチは、関節リウマチを指します。関節リウマチは文字通り関節に炎症が起こり、軟骨や骨が破壊されて関節の機能が損なわ、放っておくと関節が変形してしまう疾患です。

関節リウマチの鍼灸治療は、保険が適用されています。鍼灸治療では、運動器の疾患に対しては保険が適用されていますが、その一つにリウマチがあります。

リウマチで起こる症状の筋肉のこわばりや関節の炎症、痛みなどが改善することができますので、リウマチ疾患で悩んでいる方は、是非、鍼灸治療を試してみてください。

亜鉛と妊活

妊活をしている方でサプリメントを活用している方は多くいるかと思いますが、その代表的な要素は葉酸です。葉酸7はDNAの合成に必要な要素なので、卵子の質の影響を与えます。最近では、男性の葉酸不足が、胎児に与える影響が深刻なケースもあるというデータが発表されたので、男性も葉酸を服用するようになってきています。精子は受精卵の半分のDNAに関わっているので、精子の質も高めることはとても重要なことです。

 

最近では、さらに必要な要素として亜鉛が注目されています。

 

亜鉛は、細胞分裂に必要な要素ですので、亜鉛が不足することは卵胞の成長に大きな影響を与えてしまい、無月経などの症状を引き起こすことがあります。男性の場合も、精子を形成する上必要な要素なので、亜鉛不足は男性不妊になる可能性が大きくなります。

 

それから、亜鉛は糖代謝に深くかかわっていて、亜鉛が不足すると党の代謝が悪くなり、例えば糖尿病になるとか、あるいは肥満になることが多いようです。

 

糖代謝が悪くなると卵胞の成長を阻害してしまいます。多嚢胞性卵巣症候群の方には糖代謝に異常があったりインスリンの抵抗性のある方が多く、また多嚢胞性卵巣症候群を改善するために、血糖値を下げる薬が処方されるケースがあるのたそのためなのです。

 

つまり、糖代謝を改善することは、卵胞の成長を良くすることにつながりますので、葉酸に加えて亜鉛も積極的に摂取することをお勧めします。もちろん、男性も精子の成長を促進する意味で必要な要素なので、妊活中のご夫婦は葉酸と亜鉛は必須です。

 

 

 

プロテインS活性

不育症の原因となる母体の要因として挙げられるのは、子宮形態異常や甲状腺機能の異常、夫婦の染色体異常、抗リン脂質抗体、血液凝固因子の第12因子の欠乏などがありますが、それ以外にもブロテインS活性の欠乏というもの意外と多くあります。

 

 

プロテインS活性とは、血液強固に関係する因子の一つで、血液が凝固しないように制御しているタンパク質です。なので、この活性度が低くなると、血液が凝固しやすくなり、血栓ができやすくなります。

 

 

子宮内膜や胎盤などはもともと血液循環が悪い組織でこのプロテインSが活性化しなければたちまち血栓ができてしまい、受精卵や胎児に栄養を送ることができず、流産してしまいます。

 

 

妊娠をすると、第12凝固因子は増えますが、このプロテインSは減少します。なので、妊娠前に第12凝固因子に問題があっても妊娠をすると正常値に戻る場合がありますが、プロテインSが低いとさらに低下してしまうことになります。

 

 

このプロテインSの低下は東洋人に多いようなので、日本人にはこのプロテインSが低い人が多くいることになりますので、不育症の検査では特に注意する項目になります。

 

 

妊娠が正常に推移したとしても、胎児の発育に異常が出たり、あるいは早期に胎盤がはがれてしまったりと、妊娠にまつわる合併症を引き起こす原因になりますので、不育症治療に限らず妊娠中の人もこのプロテインSの活性度を調べる必要があるでしょう。

 

銅と着床障害

子宮内膜もしっかり厚く、受精卵のグレードも問題がないのに着床しない、あるいは着床してもすぐに流産してしまなど、いわゆる着床障害を疑われる症状を持っている方は多くいます。

 

不育症の検査をして凝固因子などの異常が見つかれば、アスピリンを服用するなどの手当てができますが、異常が見つからない場合は、手当てをすることができません。

 

最近、子宮内膜に銅が沈着していると着床障害を引き起こすかもしれないということを示唆される論文が発表されました。

 

それは、緊急避妊の目的で使用されている銅入りの子宮内避妊器具を挿入したところ全ての人が妊娠しなかったということが分かりました。

 

このことは、逆な見方をすると銅が着床を妨げているということで、着床障害を引き起こす人の血液を調べるとやはり銅の値が高かったようです。

 

なので、大阪にある不妊専門のクリニックのドクターは、着床障害のある女性には駆らなず銅のあ立ちをチェックするようで、銅の値が高い方は、なるべく銅が多く含まれる食材を避けるように食事指導するようです。

 

銅の多い食材は、牛や豚レバーやうなぎ、納豆、いくら、いか、カニ、カキ、ピュアココアなどがあります。どれも健康には良い食材ばかりですが、こと妊娠に関しては、これらの食材を多く摂り過ぎると、銅が子宮内に蓄積して着床障害を引き起こす可能性があります。

 

妊娠は何が災いして、何が幸いするか分かりません。医学的にもまだ分からないことだらけですので、今現在妊娠に良いことと言われていることも、本当はしてはいけないことになる可能性があります。基本は、あまり極端に偏ったことをしなにことが大切です。

 

異常受精

基本的に一つの卵子に一つの精子が結合することで受精が完了しますが、まれに精子が二つ以上結合してしまう場合や受精後に分割異常が起きることによって核が複数出来てしまう場合があります。

 

これは一般的には異常受精として、体外受精の場合は移植をすることありません。

 

 

体外受精をしても異常受精を繰り返してしまう場合、染色体の中央狭窄部にあるセントロメアに対する抗体が陽性であることが多いようです。この抗体は、抗セントロメア抗体といい、強皮症などの膠原病に罹患している人や肝炎に罹患していた人には、この抗体が陽性である場合が多いとのこと。

 

 

この抗体があるために染色体が正常に減数分裂できず、異常受精になってしまいます。

 

 

対処療法としては、ブレドニン(副腎皮質ホルモン)を内服することによって、異常受精を回避することができるようです。ただ、ブレドニンを服用しても異常受精が回避できない人もいるので、そういうタイプの人は、免疫グロブリン(IVIG)を使用することで回避できるようです。

 

 

時折、アレルギー疾患でもないのにブレドニンを処方された・・・・何のために服用するのか分からない・・・・と訴える患者さんを見かけますが、おそらく異常受精があったために、それを回避するために処方されたのでしょう。

 

 

不妊治療は日進月歩で進歩しています。常に新しい情報を入手して、自分の知識をアップデートしておかなければなりません。

 

 

 

受精卵のグレード

体外受精をしている方にとっては、採卵の度に気になる受精卵のグレードですが、初期胚のグレードと胚盤胞のグレードの表記に違いがありますので、注意しましょう。

 

 

初期胚の場合

グレード1が最も良く、割球が均等でフラグメンテーションを認めないものを指します。フラグメンテーションとは細胞の破片のことで、破片が少ないほど質の良い胚となります。
グレード2は、割球の形は均等だけど、わずかにフラグメンテーションがあるものを指します。
グレード3は、割球が不均等で、少量のフラグメンテーションも認められるものを指します。
グレード4は、割球が均等または不均等で、かなりのフラグメンテーションがあるものをします。
グレード5は、割球がほとんど見られず、フラグメンテーションで埋め尽くされているような胚を指します。

 

胚盤胞の場合は、成長の過程で、胚盤胞腔の広がりと孵化(ハッチング)で6段階で評価し、初期のものがグレード1、胚盤胞腔の広がりが進むにつれて2、3、4とグレードが進み、グレード6は着床寸前の状態となります。

 

グレード1は初期胚盤胞と呼ばれ、胚盤胞腔が胚容積の半分未満の状態です。
グレード2が「胚盤胞」と呼ばれ、胚盤胞腔が胚容積の半分以上の状態です。
グレード3は、完全胚盤胞と呼ばれ、胚盤胞腔が完全に胚を満たす状態です。
グレード4は、拡張胚盤胞と呼ばれ、胚盤胞腔容積がさらに拡張し、透明帯が薄くなり始めているものをさします。
グレード5は、孵化中胚盤胞と呼ばれ、孵化しつつある(栄養外胚葉が透明帯の外に脱出し始めている)胚盤胞になります。
グレード6は、孵化後胚盤胞と呼ばれ、胚が完全に透明帯から脱出し、孵化(ハッチング)が完了した胚盤胞を指します。

 

また、このグレード表記に加えて、グレード3以上は、内細胞塊(ICM)と栄養外胚葉(TE)の状態をA、B、Cの3段階で評価します。内細胞塊のAは「細胞同士が密に接し、細胞数が多い」、Bは「細胞同士の接着が粗で、細胞数が少ない」、Cが「細胞数が非常に少ない」という状態です。

また栄養外胚葉は、Aは「細胞数が多く、互いに接着した上皮を形成している」、Bは「細胞数が少なく、結合が粗な上皮を形成している」、Cが「数少ない大きな細胞が上皮を形成している」ことを表します。

 

内細胞塊は、実際に胎児の体に成長していく部分で、栄養外胚葉は胎盤などに成長していく部分になります。

 

 

では、胚盤胞の場合のグレードと妊娠の成績にはどのような関連があるのでしょう。

 

 

この件に関して、今年発表された論文に次のような結果が公表されました。

 

 

ベスト(3AA以上)、良好(3〜6AB、3〜6BA、1〜2AA)、普通(3〜6BB、3〜6AC、3〜6CA、1〜2AB、1〜2BA)、不良(1〜6BC、1〜6CB、1〜6CC、1〜2BB)の4群に分類し、正常胚を移植した417名477個の胚盤胞を移植したところ、次のような結果になったようです。

 

      継続妊娠率   流産率

ベスト    84,2%     0%

良好     61.8%      2.7%

普通     55.8%    11.3%

不良     35.8%    18.9%

 

ICM(内細胞塊)グレード

A      76.2%       1.6%

B      53.6%      11.5%

C      13.5%      58.3%

 

 

やはりというべきか、胚のグレードと妊娠率あるいは流産率は関係があるのです。特に、内細胞塊、つまり胎児の体になる部分のグレードが良いほど妊娠率は高いことが分かったようです。ちなみに、栄養外胚葉のグレードや胚の大きさによる比較では有意差を認めなかったようです。

 

 

子宮内膜の厚さと妊娠

不妊治療をしている人は、毎周期測る子宮内膜の厚さはとても気になります。体外受精で移植を判断する子宮内膜の厚さは、6㎜であったり8㎜であったりとクリニックによって多少基準が異なりますが、ある一定の厚さが必要とされています。

 

ただ、どのくらいの厚さがあれば妊娠するのかという関連性を示した論文は実は存在しないようです。医学的にも子宮内膜が厚ければ妊娠しやすいかといえばそうでもないようで、逆に内膜が薄い場合は妊娠しないかというとそうでもないようです。

 

では、6㎜とか8㎜という基準はどのように定められたかというと、おそらくそのクリニックの臨床上の経験によるところなのでしょう。いわゆる妊娠率や出産率などによって、決められた基準なのでしょう。

 

最近オーストラリアの医学雑誌に、人工授精と子宮内膜の厚さと妊娠の関連について調査した論文が発表されました。

 

結論から言うと、内膜の厚さと妊娠との間には関連はなかったようです。ただ、ランダム比較試験やコホート研究の一部の論文では、関連があったという結果が出ているようですが、論文の質はあまり高いものではなかったとこのとで、これだけで関連があると結論付けることはできないとのこと。

 

人工授精にしろ体外受精にしろ、卵胞疏育てるために誘発剤卯服用したりあるいはHMGの注射をすることがありますが、一般的に用いられるクロミッドやフェマーラでは、クロミッドの方が子宮内膜を薄くする副作用が強いと言われていますが、上記の論文では両者の間には有意差はなかったとのことで、どちらを使用しても人によって内膜の厚さに影響がある場合があるとのことです。

 

唯一差があった方法としては、クロミッド+HMGの組み合わせは、フェマーラ単独よりも薄くなる傾向にあるようです。

 

なので、内膜が薄いからと言って例えば人工授精を延期したり、体外受精の移植を延期することはないというのが、現時点での医学的な結論のようです。

 

子宮内膜の厚さよりも、子宮内膜の質や子宮内環境が着床に適した状態であるかどうかが重要なのでしょう。子宮内膜が厚くならないと悩んでいる方にとっては、この論文の結果で前向きな気持ちで治療の取り組めことになるかもしれません。

 

突発性難聴

明らかな原因もなくある時突然片側の耳が聞こえなくなる症状を突発性難聴といいます。原因ははっきりしたことは分かっていませんが、現在有力とされている説は次の二つがあります。

 

①ウィルス説

 難聴を発症する前に風邪のような症状を起こしているケースで、おたふく風邪や麻疹などのウィルス疾患が突発性難聴を引き起こすと言われています。

 

②内耳循環障害説

 内耳血管のけいれんや塞栓、血栓、出血などにより内耳の血液循環障害により突発性難聴が起こりと言われています。

 

突発性難聴の患者は増え続けていて、100万人に対して300~400人と増加傾向を示しています。

 

歌手の波崎あゆみさんや坂本龍一さんなど芸能人で罹患する人も多く、常に大音量で音を聴いていると起きる場合もあります。

 

突発性難聴の治療は時間との戦いです。発症から2週間以内から治療を始めることが望ましく、1ヶ月を過ぎてしまうと聴力の改善が望めず、難聴の症状が固定してしまう場合がほとんどです。

 

難聴というと、音が全く聞こえなくなると思われがちですが、一部の音域が聞こえない場合も難聴になります。高音域が聞こえなければ、もごもごした聞こえ方になりますし、低音域が聞こえなければ、キンキンと響くように聞こえますので、いつもと聞こえ方がおかしいと思って耳鼻科を受診し聴力検査をしたところ難聴と診断されることもあります。

 

当院にも突発性難聴の方が受診されますが、耳鼻科を受診して1ヶ月以上たち、医師からこれ以上の改善が見込めないと言われて来院されるケースがほとんどですので、すでに聴力が固定してしまっている可能性のある方が多く、そうなってしまうと鍼灸治療でも改善が見込めません。

 

ただ、聴力が固定するのは個人差があり、1ヶ月以上たっても聴力が改善する人もいますし、逆に2週間以内にすぐに固定してしまう人もいます。年齢や生活習慣、基礎的な体質などによって左右されますので、1ヶ月経ったからといって諦めず、鍼灸治療を受けてみましょう。

 

 

 

«男性更年期障害